カテゴリー
日々の出来事

ジャガイモの花とやる気スイッチ

昨日は午後から仕事でした。午前中、洗濯をしてブログを書いた他は特に何もせず、家を出るまでゴロゴロと過ごしました。午後から仕事の時は大体そんな感じです。仕事に備えてエネルギーを充電しているというより、単純にやる気が出ず石のごとく動きたくないのでした・・。それでも時間が来たら何とかして仕事に行くのですから、えらいなあ・・(当たり前です)

月曜日の朝に仕事や学校に行くのが気が重くなる心理状態をブルーマンデーといいますが、私も仕事に行く前はそんな感じです・・。休み明けだけじゃなく仕事に行く前はいつも・・。昨日のように午後から仕事だと、午前中ずっとブルーマンデーです・・。気の重い気持ちで過ごすのは時間がもったいないな、と常々思ってはいるのですが・・。

気の重さとやる気は反比例しますよね。気の重さが増すと、やる気はだだ下がり・・。午後仕事の日、朝起きてから家を出るまで何時間もあります。何かしらやろうと思えば出来るのですが、どうしてもやる気がしないのでした・・。

時計代わりにTVを付けると、”そういえば今日は日曜日だったんだな・・”と思いました。日曜も祝日もない生活なので曜日の感覚がなくなったりします。それに昨日は普段日曜休みの夫が休日出勤で仕事に行ったので余計です。カレンダー通りの仕事だった時、日曜日は待ち遠しい曜日でした・・。

天気がよかったので少しだけ庭に出ました。日にあたったら気分も変わるかもと思い・・。しかし、庭のそこかしこが草だらけで、気の重さが増しました・・。少しずつ草取りをしていますが、焼け石に水って感じですね・・。私のやる気は減退していますが、雑草たちのやる気は満々です・・。でも青々と生い茂っているのは雑草だけではありません。庭の一部に植えてあるジャガイモも、すくすくと育ち葉が茂り花をつけていました。薄紫のかわいい花です。じっと見入ってしまいました。そうしたら、ジャガイモの花が少しばかり私のやる気スイッチを押してくれた気がしました・・。

そして何とか仕事に行き、無事に終えた夜更け。明日は休みだと思うと気持ちが軽いのでした。そして気持ちが軽くなると体も軽くなる気がします。逆に気が重い時は、体も重くなり動きたくなくなるのかも・・と思いました。

ジャガイモの花
ジャガイモ畑

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
お出かけ 思い出 食する

お寿司と新しい生活

昨日は、私も夫も仕事が休みでした。お昼は久しぶりに外で食べようということになり、回るお寿司屋さんへ行きました。お互いそろそろ引きこもり生活にゲンナリしてきたのです・・。

私が車を運転し12時頃、お店に到着。本来なら大勢のお客さんがいる時間帯なのですが、やはり店内は空いていました。そして案内されたテーブル席に着くと、ガリがありませんでした。なぜでしょう?もしかしたらガリを取るトングが感染につながる恐れがあるので置かないとか・・?などと想像したのですが、夫が他のテーブルを確認するとガリは置いてありました・・。ただ単に置き忘れでした・・。お店の人に伝えると持ってきてくれました。

久しぶりのお寿司、美味しく頂きました。ビンチョウマグロ、メバチマグロ、インドマグロ中トロ、生エビ、とびっこ、生うに・・・。私が子供の頃、こんなに手軽にお寿司を食べられませんでした。お寿司屋さんに行った記憶がありません。お寿司は何か特別な日に家で作るものでした。ネタはマグロ、エビ、タコ(魚屋さんに作ってもらいました)あとは玉子焼きに煮た椎茸、かんぴょうと桜でんぶの海苔巻きにカッパ巻きなどでした。素朴なお寿司でしたが、並んでいるのを見ると心が躍りました・・。

お店を出る時、お客さんは少しずつ入ってきていました。私の住んでいる地域もようやく緊急事態宣言が解除されそうです。そういえば休業していた地元のいくつかの飲食店は今月の18日から再開されたと聞きました。徐々に元の生活が戻ってきているようです。でも緊急事態宣言が解除されてもコロナが終わるわけではないです。第二波、第三波もあるだろうと言われています。いずれはインフルエンザやノロウイルスのように季節性の感染症になっていくのかもしれませんね・・。

少し気が緩んできていますが、緩み過ぎないようにしないといけませんね・・。適度な緊張感はこれからも必要でしょう・・。

昔、私にとってお寿司はハレの日のご馳走でした。今でもご馳走ですが、普通の日でも食べられます。時と共に生活は変わります。いつの間にか・・。しかし、コロナのような大きな出来事によっては生活が急変します・・。緊急事態宣言が解除されて元の生活に戻るというより、新しい生活が始まるのでしょう・・。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー

猫のいない人生なんて・・

銀麦きょうだい(猫)は元気に過ごしています。・・というか元気過ぎ・・。今、月齢10ヶ月くらいでしょうか。毎日、エネルギッシュです。家の中を2匹でドタドタと駆け回ったり、じゃれあったり、取っ組み合いをしたり賑やかです。おかげで家の中も荒らされていますが・・。

とくにムギはいたずらっ子で、よく紙を噛み千切ります。部屋に置いてある雑誌やダンボールをボロボロにしたり、低い位置にかけてあるカレンダーの下部分をビリビリにしたり・・(気が付いたら山形になくなっていました・・)。

また食べ終えてゴミ箱に捨ててあったチュールの袋を引っ張り出し噛み千切っていたこともありました・・。畳や床の上には年中、細かく噛み千切られた紙などが散らばっています。ボロ屋がさらにひどい有様です・・。

猫が紙などをかじる理由は色々あるようですが、ムギの場合、単純に好きなんだと思います。ストレスで紙などをかじることもあるようですが、ムギの場合、ストレスではなく遊びですね。じゃれているみたいです。ギンタも時々、紙をかじって遊んでいることがありますが、ムギほど激しくありません。

ギンタは穏やかでマイペースで・・ちょっとおバカな猫です。ギンタはシッポが長いのですが、時々自分のシッポを追いかけてグルグルしています。茶トラだったら「バターになるよ」と声をかけるのですが・・。(ちびくろサンボです)サバトラは何になるのかな?

ムギはシオ(怒りっぽいです)に唸られると唸り返します。気が強いです。ギンタは怒ることはありません。シオに唸られても気にせずゴロッとしていたりします。ギンタは平和主義者ですね。

対照的な2匹ですが変わらず仲良しです。遊び相手がいるのはいいですね。人間が相手をしなくても勝手に遊んでいます。まあ、荒らされたあとの片づけはしなくちゃいけませんが・・。

夜、銀麦きょうだいは、ひとしきり動き回ってから眠りにつきます。少し前までは2匹一緒に眠っていましたが、最近はそれぞれ別々に居間の座布団で眠っています。その寝姿を見ると、なぜか私はホッとした気持ちになります・・。

猫のいない人生なんて・・クリープを入れないコーヒーと同じで・・星のない夜空のようなもの・・。(ふと思い出した昔のCMのフレーズ)

なんでしょうかね・・ギンタのこの格好は・・
阿波踊りでしょうか・・
アンモナイトなムギです

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

サツキの花と解放感

今日も肌寒かったですね・・。暖房器具は片づけてしまったので、家では厚手の上着を着てブランケットを足にかけ過ごしました・・。少し前は夏だったのに・・。午前中は、午後から仕事だと思うと気が重いなあ・・と思いながら家を出るまでの時間、食事以外じっとして過ごしました。座布団で寝ている猫たちも寒そうでした・・。

そしてお昼過ぎ、職場に行くと駐車場が工事のため車を停められませんでした・・。事前に何の連絡もありませんでした・・。敷地内の停められそうな場所は、すでにいっぱい・・。困ってしまい、どうしようかと思ったのですが、少し離れたところにある市の公共施設の駐車場に停めさせてもらいました。今の時期ですから公共施設の駐車場はガラガラでした。そして、そこから歩いて職場へ・・。業務開始の時間まで余裕があったので、のんびりテクテク歩きました。

途中の歩道に植えられているサツキがちらほら咲き始めていました。もう少ししたら、鮮やかなピンクで覆われるでしょう。毎年、サツキは本当にたくさんの花をつけます。車からわずかな時間、眺めるだけですが・・。

職場に着くと、今月いっぱいで辞める人の話を聞きました・・。今年になって何人目だろう・・。残念とか、寂しいより、正直、羨ましいと思ってしまいました・・。私は仕事から解放されたいのです。そして、思いっきり解放感を感じたいのです・・。解放感・・私は心の深呼吸だと思っています・・。どこまでも果てがないような広々した感じ・・。透き通った青空、または吸い込まれそうな満点の星空・・。そんなイメージです・・。まあ、解放感も一時のものなんですけどね・・。

そして、仕事から帰り簡単な夕食と雑用をすませ、ダラダラしているうちに夜更けになりました。
しかし5月とは思えない寒さ・・。早々に夫も老母も猫たちも寝てしまいました。でも私はまだ眠る気がせず寒々しい居間で一人、歌を聴いていました。聴きながら、サツキを思い出しました。サツキは生涯同じ場所に居続け毎年、花を咲かせるのです。えらいなあ・・。私には出来ないこと・・。
いつも車で素通りするだけなので、今年は満開になったら車を降りてゆっくり見てみようと思いました。

今日、咲いていたサツキ

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

ありがたいマスク~時間とお金

昨日、出勤すると事務所にダンボール箱に入った沢山の布製マスクがありました。時々、ボランティア活動で訪れる方からの寄付でした。手ぬぐいで作ったのでしょう。さまざまな色、柄がありました。迷って、ミントグリーンの生地に小さな花が並んでいるものと、やはりミントグリーンの生地に大小のイチゴが並んでいるものを頂きました。丁寧に一つずつ透明なビニール袋に入れられていて、Thank youと印刷された丸い金のシールで封がされていました。細やかな心遣い、ありがたいですね。

先週の終わりには、職場で注文したマスク一箱(50枚入り)を受け取りました。ここにきて、マスクが充足してきました。ちなみにアベノマスクは、いまだ届かず・・。でも10万円の定額給付金の申請書は一昨日、届きました。ウチは老母が世帯主になっています。しかし老母はこういう書類を書くのが苦手なので、昨日、仕事から帰ってから私が代わりに申請書に記入しました。早めに返送しようと思います。
もうすぐ車検の時期になります。定額給付金は車検代ですかね。お札に翼が付いて飛んでいくベタな絵が浮かびます。

コロナの感染者数もずいぶん減ってきました。このまま収束に向かってほしいですが、まだまだ油断できませんよね・・。未来は不確かです。でも、感染者数が減ってきたのは皆が外出自粛を心がけたからだと思います。人の気持ちにより事態は変わってきます。そう思うと気の緩みは怖い気がします・・。緊急事態宣言が解除されても慎重に過ごそうと思います。(私の住んでいる地域はまだ解除されてませんが・・)まだまだマスクは手放せないですね。

そして昨日、頂いたかわいい布製マスク。一つ一つ丁寧に縫われていました。(ミシンです)職場に寄付したマスクの正確な数は分かりませんが、かなり沢山ありました。縫うのにずい分、時間がかかっただろうな・・と思いました。(さらに一つずつ袋に入れシールで封までしてくれて手間暇かかってます)時は金なり。貴重な時間を使って、作って下さったマスクです。もちろん材料費もばかにならないと思います。感謝して大事に使いたいと思います。

読んで下さりありがとうございます。