カテゴリー
日々の出来事

どうしたのか気になった猫の亡骸

パート先のデイサービスに来ている利用者の方で20歳のオス猫と暮らしていた一人暮らしの女性がいます。

“暮らしていた”と過去形なのは、昨日、しばらくぶりに来た女性から猫が虹の橋を渡ったことを聞いたから。

数ヵ月前、女性が「猫の元気がなくなった」と言っていたので心配していたのですが・・。

でも猫の20歳は人間の96歳。大往生です。去勢手術以外、病院にかかったことがないと言っていたので本当に丈夫な猫だったのでしょう。

女性は猫によく「私より先に逝くんだよ」と言っていたそうですが、猫は言われた通り先に逝きました。高齢で身体も不自由な女性は猫がいなくなった寂しさよりも、ほっとした気持ちの方が大きそうでした。

ところで猫の元気がなくなってから、女性は猫が亡くなった場合、亡骸をどうするか案じていました。そして役所関係の人から新聞紙なのでくるみ燃えるゴミの日に出していいと教えてもらったのでした。

どこで燃やしても同じということらしい。正直、複雑な気持ちになりましたが、やむを得ない場合あるでしょう・・。

実際に猫が虹の橋を渡り、猫の亡骸をどうしたのか気になり女性に尋ねたら、掘ってくれる人がいて埋めたそうです。動物にとって土に還るというのが自然でいいかもしれません。

20年いっしょに暮した猫ですもんね。やっぱりゴミ扱いは出来ないですよね。

女性と仲の良い利用者さんが猫が亡くなった時、「泣いた?」と聞いたら、女性は「泣いたなんてもんじゃない」と答えました。

女性と20年暮らした猫。幸せな一生だったと思います。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
ガチャガチャ 日々の出来事

こんなところで出会うとは~忘れていた可愛いガチャガチャ

昨日の夕飯は回転寿司でした。お昼に行くことが多いですが、たまに夜行くこともあります。

昨日は私が夕方、パートから帰宅してから行くことにしたのですが、家でよく利用する回転寿司の店舗は、お昼より夜の方が混む印象。とくに休日や休日前は。


なので夜行く時は待ち時間が長くならないように予約を入れるようにしています。昨日も夫が5時半近くに予約を入れてくれたのですが、7時は、いっぱいで7時半になりました。

さて予約時間少し前に到着すると待合スペースは予想外にガラガラ。でも満席でした。

待合スペースで待っている間、一角にあるガチャガチャコーナーをチェック。ガチャガチャ好きなので、ついチェックしてしまいます。

すると・・これは!というのを発見。以前、ネット情報で発売されることを知り、いいなと思っていたガチャガチャでした。でも出会うことがなく忘れていました。

まさか回転寿司の待合スペースで出会うとは。

そのガチャガチャは「MARY QUANT ミニチュアミラーチャーム」で「ブラック」「ホワイト」「ピンク」「パープル」「グリーン」の全5種で1回300円。

ちょうど小銭もあったので1回やってみました。出てきたのは「ホワイト」

お馴染みの花
裏側には「MARY QUANT 」のロゴ

「ブラック」か「グリーン」か「パープル」がよかったのですが、まあ、「ホワイト」も可愛いのでよしです。実質ハズレなしのガチャ。

ブラックのボールチェーンも洒落ていて、もう1回くらいやりたい気もしましたが、回している最中に順番がきてしまったので1回で終了。

帰りに、もう1回やろうかと思ったのですが、縁がないと思っていたガチャガチャを1回できただけでもよかったかなと思いやめました。

可愛いので、また出会ったらやってしまうかもしれませんが。

これは人気あると思います

コンパクトのように開けるようになっていて内側にはミラー付き。実用性もありです。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事 生き物(猫以外)

生命力の強い植物と気色悪いけれど許容

家の敷地を侵食している竹の伐採に励むこと幾年月。(実際は1ヶ月ちょっと)

取り囲んでいた竹がなくなり陽が降り注ぐようになると、ほったらかし状態で邪険な扱いを受けているソテツに新芽が出てきました。そして、みるみる伸びて、今ではみずみずしい葉が茂っています。

太陽の偉大さを実感しつつ、ソテツの生命力の強さに驚きます。

元気なソテツたち

さて、ソテツの他に生命力の強さを感じるのが酔芙蓉。日当たりのいい場所に植えられているのもありますが、よく育ち毎年たくさんの花を咲かせます。

そして、いつの間にか見上げるほど大きくなりました。なので去年の春先、夫が剪定をして、こじんまりとしました。

でも再びたくさんの枝が伸び、酔芙蓉はどんどん大きくなっていきました。今年の春先にも夫が剪定をしたのですが、今度は思いっきり刈り込み切り株状態になってしまいました。大きくなる酔芙蓉を夫は疎ましく思っている節があります。

それにしても、さすがに刈り過ぎでは・・。なかなか芽が出てこず、枯れてしまったのかも・・と思いましたが、ある時、小さな芽を発見。どんどん育ち今では私よりも(153㎝)少し低いくらいまでになりました。よく育ったと感心しています。

ただ酔芙蓉の葉は虫食いだらけ。よく見ると蝶の幼虫があちらこちらに・・。

酔芙蓉の葉

でも、このままでいいと思っています。

庭を飛び回っている蝶たち。モンシロチョウにクロアゲハにルリシジミ。

一昨日はアオスジアゲハと思われる蝶が飛んでいました。しかも2匹一緒に。きれいで、しばらく眺めていました。

アオスジアゲハと思われる蝶
ひたすら飛び回っていて写真に収めるのが困難でこれがやっと・・

可憐で美しい蝶は気持ちを明るくしてくれます。庭に蝶がいるのは嬉しいこと。

蝶たちも、かつては幼虫でした。

毛虫が大量発生して駆除に励んだこともありますが、将来、蝶になるであろう多少の幼虫は許容できます。まあ、見ると気色悪いですが・・。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

ビクッ!とした夜中の物音2回

今日の午前3時頃でしょうか。目が覚めて寝付けずにいると物音と老母のうめくような声が聞こえてきてビクッ!としました。

「これはヤバいかも!」と思い、急いで起きていくと、ああ・・やっぱり・・。老母が自分の部屋の前でひっくり返っていました。「イタタタ・・」と言う老母。

後ろに倒れ背中の左側をぶつけたとのこと。身体を起こして立ち上がらせると足は大丈夫そう。背中の痛みもそれほどではなく、普通に歩いて自分の部屋に行き横になりました。

幸い大したことなさそうでしたが、後で症状が出てくるかもしれません。

私も寝床に戻りましたが何となく落ち着かない気持ちで寝付けずにいると再び大きな物音がして、ビクッ!としました。

今度は夫が起きて見に行ってくれました。すると猫が電話機を落としていたとのこと。

やっぱり猫だったか・・そうじゃないかと思いました。大したことじゃなくてよかった。

さて、その内、眠ってしまい、目覚めたのは朝6時少し前。起きていくと老母は食事をする部屋でいつものように椅子に座ってTVを見ていました。

身体の調子を聞くと「動かすと少し痛い」と大きく左肩を回しながら言いました。大した事なさそうで、とりあえずホッとしました。

調度、今日は月1回の整形外科受診の日。老母に湿布か塗り薬を貰うか聞いたら不要とのこと。

骨粗鬆症の治療をしている身。大事に至らなくてよかったですよ。

どこを骨折しても大変だけれど、足を骨折して歩けなくなったら本当に大変だった。老母の生活は一変してしまったでしょうから。(私の生活も)

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
お出かけ

絶景とワインの楽しい時間

前回の続きです。

***************************************

直売所の後に向かったのが「ぶどうの丘」という観光施設。

目的はワインの試飲。タートバンというワインを試飲する容器を購入すると地下のワインカーブ(貯蔵庫)で好きなだけ試飲できるという素敵なところ。

夫は運転手なので試飲できません。申し訳ないですが私だけ。

「ぶどうの丘」は小高い丘の上にあります。駐車場に到着すると、まず見晴らしの良さに惹きつけられ、少し眺めてから建物があるところに向かいました。

鐘がありました

幾つか建物がありましたが、入口に案内板がある建物に入ると広いホールでインフォメーションと売店があり、様々なワインが取り揃えられていました。

上の階には展望テラスがあったので行ってみると甲府盆地が見渡せる絶景。椅子に座って少しくつろぎました。

絶景の甲府盆地

そして朝から何も食べていなかったので売店で買ったパウンドケーキを食べました。空腹の状態でワインの試飲をするのはよくないと思ったので。

いよいよ売店でタートバンを購入。試飲後、持ち帰れます。当日限り有効。

タートバン

さて地下の貯蔵庫に行くと試飲用のワインが置かれた樽がずらっと並んでいて、一つの樽の上には6本ほどのワインが置いてありました。200種類くらいあるらしい。壮観な眺め。

地下のワインカーブ

白、ロゼ、赤と手あたり次第、試飲していきました。

辛口で渋めのも嫌いではないですが、やっぱり甘口が飲みやすくて美味しい。なので甘口の白1本とロゼ2本を購入。

購入したワイン3本
大正ロマン甲州~ラベルの夢二風の絵がいいなと思ったのですが
辛口だったので買いませんでした

それと地下の貯蔵庫にはなく試飲はできなかったのですが「周五郎」というワインも購入。「周五郎」は作家の山本周五郎が好きだったワインを再現したものとのことで夫が欲しかったワイン。

ラベルの題字は氏の直筆
猫も気になるようでした

さて、ワインの楽しい時間を終えて「ぶどうの丘」を後にしました。

欲を言えば試飲の時にソムリエ的な解説してくれる人がいてくれたら、もっと楽しめたかも、と思いました。

**********************************

最後の目的は、みのぶ饅頭。みのぶ駅前の饅頭屋さんに買いに行き帰途につきました。

読んで下さりありがとうございます。