カテゴリー
日々の出来事

ウチの台所はスリル満点

普段、私が家の出入りに使っているのは土間の台所にある入口です。今日も夕方、パートから帰宅すると、その入口から入りました。

そして手を洗うため流し台に行くとグニュ~ッと右足で何かを踏みつぶしたのでした。嫌な感触が靴底から伝わってきます・・。

************************

去年の11月、シオが台所の隅に糞をするようになりました。なので猫トイレを台所の隅に置いたのですが、シオが猫トイレで糞をすることはなく今度はガス台が置いてある棚の前に糞をするようになりました。

なぜか場所を変更。シオに猫トイレで糞をしてもらうのは難しそうだと思い諦め、糞を見つけたら片付けるようにしました。

せめて糞をする場所が決まっているのが救いでした。しかし・・。

そうです。冒頭で私が踏みつぶしたのはシオの糞でした。新たな場所です。油断していました・・。

それにしてもシオは糞をする場所を変更したのでしょうか?それとも場所の拡大?

シオの糞はどこに仕掛けられるか分からない爆弾のよう。しばらく様子をみないといけません。

真冬の土間の台所は極寒で、だからか糞の臭いも軽減されている感じです。なので気が緩みボヤ~としているとシオ爆弾にやられそう・・。

シオ爆弾のおかげでウチの台所はスリル満点です。

ところで糞を踏みつぶした靴は、まだ買ってから1年経っていません。今日は、もう洗う気がせずウェットティッシュで拭いてから軒下に置きました。台所の土間に置いておくと、うっかり履いてしまいそうなので・・。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

10日分の飲み薬と視力回復に役立つ本

一昨日の夜、具合が悪くて動物病院に行ったギンタですが、昨日の朝には調子が良くなっていました。

40℃の高熱があったのですが下がったのでしょう。元気に鳴いて、ご飯もしっかり食べました。日中も調子が悪くなる様子はなく、とりあえず安心しました。

夕方、経過を見せに行くことになっていたので再びギンタを動物病院に連れて行きました。

熱は下がり平熱でしたが、また注射を打ち飲み薬を10日分処方されました。

熱発の原因は何らかのウィルスでしょうとのこと。一旦、熱は下がりましたが、まだウィルスを抑え込めていないと思われます。10日服薬すればウィルスを抑え込めるでしょうとのことでした。

猫に薬を飲ませるのは難儀ですが頑張らなくては・・。

思ったよりも回復が早いですが、まだまだ油断禁物です。

************************

動物病院からの帰りにコンビニに寄りました。そして1冊の本を購入。それは「どんどん目が良くなるマジカル・アイ」

立体視の仕組みのある絵の本で、絵をじっと見ていると、見えていなかった別の絵が浮かんできたり絵が立体的に見えてきたりします。これをマジカルアイといい、視力回復やストレス緩和に役立つらしいです。

実はこのシリーズの他の本も購入したことがあります。立体視の絵は不思議で面白くて好きです。

でも同じものばかり見ていると飽きてきて、そのうち見なくなりました。

私のような年季の入った近視はなかなか視力回復効果は感じられなかったかな。継続できなかったのもあるでしょうが。

近年は近眼に老眼も加わり見えづらさが増しました。視力回復のために、またマジカルアイをやってみたくなりました。

ちなみに視力回復のトレーニングは朝が一番、効果的だそう。飽きずに頑張ろう。

視力回復せずとも、なんとかこれ以上悪くならないようにできたら、と思います。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

割増料金だけど感謝

数日前からギンタがクシャミをするようになり、その内、右目に目ヤニが出てきてショボショボしてきました。

猫風邪だと思いましたが食欲もあるし元気だったので様子を見ることにしました。しかし・・。

昨夜、ギンタがジッとして動かなくなりました。元気がなくチュールを見せても全く反応しません。明らかにおかしい・・。日中は普通だったのに・・。

翌日、動物病院が始まったら、すぐに電話しようと思いましたが、ギンタの具合がかなり悪そうで不安になってきました。

時計を見ると8時を回っています。いつも行っている動物病院では8時以降、緊急の場合、夜間診療もしてくれます。

どうしようか迷いましたが、具合が悪くなり一晩で虹の橋を渡ってしまったコハダのことが頭をよぎり病院に電話することにしました。一晩は長いです。

電話するとガイダンスが流れて「命にかかわる場合のみ~云々」という言葉が耳に入りましたが、命にかかわるかどうかは判断できません。留守電になったので、とりあえずメッセージを入れました。

すると、すぐに先生から折り返し電話かあり診てもらえることになりました。初めての夜間診療です。

先生は自宅から病院に向かうので30分くらいかかるとのことでした。申し訳ない気持ちになり、今度から症状が重くならないうちに病院に連れて行こうと思いました・・。

************************

病院に到着。ギンタは40℃の高熱があり、血液検査をしました。血液検査の結果はそれほど悪くなくホッとしました。命にかかわる状況ではなかった感じでしたが、それは検査してみないとわかりませんしね。

点滴をしてステロイド注射を打ってもらい診察は終了。先生は嫌な顔ひとつせず診て下さいました。

夜間診療は割増料金になるので、けっこうな額になりましたが感謝です。

家に帰り、ギンタを静養室(ケージ)に入れました。今朝は「ニャーニャー(出せー!!)」鳴いて活気が出てきましたね。このまま元気になるといいのですが・・。

今日の夕方もギンタを病院に連れて行きます。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

大惨事も後々は笑い話

コタツで使っている私の座椅子は厚みがあり安定感があるからか、最近、シオが座椅子の背もたれの上に乗っていることがよくあります。

止まり木に止まっている鳥のようですが、座椅子の正面を向くのではなく横向きです。正面を向くのはバランスが取りづらいのでしょう。

猫は高いところが好きですが、それにしても何でまた座椅子の背もたれの上に乗ろうなんてシオは思いついたのでしょうか。

よく分からないですが座椅子の背もたれの上は落ち着くようで毛繕いしたり香箱座りになっています。

シオは猫嫌いの猫で、よく他の猫たちに唸ったりします。他の猫たちは別にシオを敵対視していないのですがね。

シオにとって若干、高さのある座椅子の背もたれの上は安心安全と優位性を感じられるのかもしれません。

壁が汚いですね・・

さて、数日前の朝、起きてビックリ!私の座椅子の周りが猫の嘔吐物で大惨事になっていました。

猫はよく吐くのですが、それにしても量がかなり多かった・・。

状況から座椅子の背もたれの上に乗った猫が思いっきり吐いたと思われました。犯人はシオでしょう。座椅子の背もたれに乗る猫はシオしかいませんから。

勢いよく吐いたので意外と座椅子の被害は少なく背もたれの横が少し汚れた程度。コタツの周囲の敷マットもそれほど被害はありませんでした。被害が酷かったのは敷マットの周囲の床。広範囲に色々飛び散っていました・・。

マーライオンと化したシオの姿が浮かびました・・。

朝から大変でした・・。まあ、しょうがありません。

猫たちとの暮らしは思いがけないことが色々あります。でも、こんな大惨事も後々には笑い話になるでしょう。猫たちとの楽しい(?)思い出の一つです。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

危なすぎる猫の行為にヒヤリ・・

行燈の油をぺろりぺろりと舐めるのは化け猫ですが、ウチのシオは人の目を盗みガス台に飛び散った油をぺろぺろ舐めたりします。

化け猫の話もあるし、猫は油好きなのかなと思ったりしますがシオ以外の猫はそんなことしません。

またシオは人の食べるものを熱烈に欲しがります。とくに魚料理が食卓に上る日には人の膝の上に乗り「ニャーニャー」ひっきりなしに鳴いて訴えます。

「あたしにも頂戴!!」って。

猫は魚好きですからね。でもシオ以外の猫はとくに欲しがったりしません。キャットフードとチュールで満足しています。

シオだけが、とにかく人の食べ物、とくに魚に対して強欲です。なのでお刺身だと少し上げたりしますが、塩分の多い料理を上げるわけにはいかないのでシオには諦めてもらいます。

とは、いっても簡単に諦めるシオではありません。何とか人の隙を見てかすめ取ろうとします。

そしてシオが編み出した方法は、テーブルに並んでいる料理に片方の前足を伸ばしてお手付きして料理の味がついた肉球をぺろぺろ舐めて味わうというやり方。

うーん・・。なんとも、いじましいシオなのでした。

シオ「肉球、旨~!」
(毛繕いしている時の写真です)

ところで、つい最近、ヒヤリとしたことがあります。夕飯を食べていた時、隣の台所でカチャ・・という音がしたのに気付きました。この音は・・。

慌てて台所に行くとガスが点灯していました!すぐに消しましたが、これはシオの仕業だと思いました。

シオはすでに別の部屋に移動していましたが、おそらく油を舐めるためガス台に乗り、そして降りた時にガスの点火スイッチを押してしまったのです。

危なすぎる・・。すぐに気づいてよかった・・。

でもシオに悪気はなく、ちょっと意地汚いだけ・・。飼い主が何らかの対処をして気を付けなければなりません。

ガスを使っていない時は元栓を閉めておくことにしました。

さて、今年の4月で13歳になるシオ。その内しっぽが二股に分かれ化け猫になるかもしれません。

読んで下さりありがとうございます。