カテゴリー
お出かけ 日々の出来事 神社仏閣

ドキッとした”おみくじ”と木彫りのウサギ

昨日は公休で休みでした。午前中、買い物に行きお昼前に帰宅すると夫も仕事から帰宅していました。一日仕事かと思っていたら半ドン(死語?)だったようです。

なので午後から夫と地域の代表的な神社に行くことにしました。初詣にたくさんの人が訪れますが、もう人出も落ち着いただろうと思ったからです。

しかし神社に到着すると、まだまだ沢山の人が訪れていました。でも駐車場には、ところどころ空きがあったのでよかったです。

さて、私は拝殿に行きお参りしましたが、私がお参りしている間、夫は境内をぶらぶらしていました。

夫は神社仏閣に行っても絶対にお参りしません。徹底的に無信人な人です。徹底した無信心とペットお守り

まあ、世の中にはいろいろな人がいます。

参拝した後はおみくじを引きました。結果は・・大吉でした!

年始から幸先がいいと嬉しくなりましたが書いてあることを見ると決して良いことばかりではなかったりするんですよね。

ドキッとしたのは「交通事故等には殊に気をつけましょう」と書かれていたこと。去年、車同士の接触事故を起こしてしまった私は切実に感じてしまいました・・。

おみくじには、その時々の自分の状況に当てはまるようなことが、不思議とけっこう書かれていたりします。

おみくじは良い方向に行くための神様からのアドバイスだと思い、気になった箇所は心に留めておこうと思います。

お参りした後は神社の隣の野鳥をテーマにした施設に入りました。すると入口に木彫りの大きなウサギが飾ってあったので写真を撮りました。

ウサギの周りがごちゃごちゃし過ぎているように感じましたが、荒削りに彫られたウサギが可愛いなと思ったので。

ところで私は、これからの人生をウサギというより、カメのようにのんびり生きていきたいですね。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事 神社仏閣

近所の神社に初詣~はためく国旗の意味

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

朝は寒くて初日の出はテレビの中継で見ました。テレビ画面を通してですが太陽が姿を現すと厳かな気持ちになりました。

テレビ中継された富士山と初日の出

太陽は毎日昇っているのに初日の出だと特別に感じられるから不思議ですよね。

普段テレビを見なくなりましたが朝だけは何となく時計代わりに見てしまいます。

さて、日中は寒さも緩み風もなく穏やかな日和でちょっと出かけたくなりました。

私が住んでいる地域にある大勢の人が初詣に訪れる神社に行こうとしたら大渋滞にはまるのは必至。そこの神社には三が日が過ぎてから行くことにしています。

今日はお昼前に近所の神社に一人テクテク歩いてお参りに行きました。(夫は大晦日の昨日も仕事、元旦の今日も仕事。大変だね・・)

神社に到着すると訪れている人は誰もいなくて静か。境内には、ゆったりとした時間が流れているようでした。

年季が入った拝殿に参拝。

拝殿の脇にある小さな社(摂社か末社)にも参拝。小鳥の鳴き声が聞こえてきました。

帰る際、拝殿を見ると左の国旗が突然、風に吹かれ、はためきだしました。何だか不思議な気持ちになり少しの間、眺めました。

神社を吹き抜ける風は清々しく、はためく国旗はきれいでした。神社の神様が歓迎してくれていたのでしょうか?

些細なことが特別に思えたりします。

でも初日の出もですが人の心の受け取り方によることで現象に意味などないのです。

それでも何か意味があると思う方が人生楽しいので私はそう思うようにしています。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
お出かけ 食する

初めての辛麺、ラーメンかと思いきや

夫は事務所での仕事の時はお弁当を持って行きますが、外仕事の時は出先で食べます。

最近は外仕事が多くて出先で食べることが多かったのですが、美味しくて何回も通ったお店があると話していました。

へえー、そんなに何回も通うほどのお店とは気になります。昨日のお昼は夫とそのお店に行ってみることにしました。何回も行っている夫ですが飽きないそうです。

そのお店とは”からめんや”さんとやら。ラーメン屋さんかと思ったら、冷麵のお店とのこと。珍しい。

今年4月にオープンした新しいお店で海沿いの通りにありました。外観も店内もカフェのような雰囲気でオシャレです。

まず入口にある発券機で食券を購入するのですが、基本のから麺(ニラと溶き卵入り)があり1辛~25辛の中から辛みを選ぶようになっています。(辛いのが苦手な人は0辛も頼めます)

そしてトッピングとサイドメニューを追加します。

私は初めてなので3辛(700円)にしてみました。トッピングは茹で豚(200円)とキクラゲ(100円)。夫は10辛(800円)に茹で豚をトッピングしてました。

そしてサービスでご飯が付くということだったので私も夫も頼みました。(メニュー表に白飯100円とあり毎回サービスなのかは分かりません)

からめん到着。

漬物も付いていました

茹で豚はチゲ鍋に入っているような薄切り肉で、キクラゲは細く刻んでありました。麺ですが、そば粉を多く使用している冷麵でコシがありコンニャクっぽいなと思いました。

スープですが思っていたよりもあっさりしていて、3辛ではそれほど辛みを感じませんでした。でも出汁が出ていて旨味がありましたね。
夫の10辛スープを一口味見させてもらったのですが辛みが強い分、コクがあるような?

ご飯は茹で豚とスープで食べましたが美味しかったです。

夫のようにハマるほどではありませんが、新しいタイプのお店で新鮮でした。

また、このお店では壺焼き芋というのも売っていて、それも気になりましたね。次回、行った時に買ってみようと思います。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事 食する

回転寿司の皿にくっ付いていてビックリしたもの

今日のお昼は久しぶりに夫と回転寿司に行きました。美味しく食したのですが、かなりビックリしたことがあります。

何皿目かに注文した皿の端に何やら透明なものがくっ付いていて、何だろう?と思い、よく見るとコンタクトレンズだったのです!

向かいに座っていた夫に言うと最初はお皿をパッと見て「ウロコでしょ」と言いましたが、ちゃんと見るとコンタクトレンズだと分かり驚いていました。

取ろうとしたのですが、べったりくっ付いていて簡単には取れません。とりあえずオーダー画面で呼び出しをしました。

すぐに女性の従業員の方が来たので事情を説明するとお詫びをしてコンタクトレンズがくっ付いてるお皿を引き上げました。

しばらくして男性社員の方が交換の品とコンタクトレンズがくっ付いている皿を持ってきて丁寧に謝罪してくれました。そして従業員でコンタクトレンズを使用している人はいないとのことでした。

後で夫とも話したのですが、コンタクトレンズはお客のものではないかなと思いました。外れたコンタクトレンズが偶然付いたのか、意図的に付けたのかは分かりませんが皿に付着した状態になり、食洗機で洗っても落ちず、むしろ吸着してしまったのではないでしょうか。

皿にお寿司を盛り付けた従業員は、まさか皿にコンタクトレンズがくっ付いているとは思わず慌ただしい作業の中でコンタクトレンズを見落としてしまったのでしょうね。

こんなこともあるんだとお店の人も驚いたことでしょう。滅多にないことですが異物混入につながることなので1つの経験として記憶しておいて欲しいです。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
折々の場所 日々の出来事

見知らぬオジサンの問いかけと紅葉

今日の午前中、そろそろ紅葉が見頃だと思い近くの紅葉スポットのお寺に行きました。山間にあるお寺で到着するとたくさんの人が訪れていて、手前の駐車場は混んでいたのでお寺の奥の駐車場に行ってみることにしました。

さいわい奥の駐車場はがらすき。車を降りて歩き出すと突然一人の年配の男性(70歳前後でしょうか?)に「この道はどこに行くの?」と聞かれました。

“この道”とは私が車を止めた駐車場から山の奥に続いている道のことです。どこと言われても私も通ったことがないので、よく分かりません。そう答えると「地元の人じゃないの?」と言われました。

“この道”が山深いところに向かっているのは想像できますが、どこかに通じているのか、それとも通じていないのかは知りません。通る人もめったにいない感じですし。地元民でも知らない道はありますよ。

見知らぬオジサンの問いかけに戸惑っていると、周辺の地図が描かれた看板が側にあることに気付きました。

何回もこのお寺に来ていますが看板なんて気に留めていませんでした。

地図には”この道”も記されていて、山の中を抜けだいたいの辿り着く場所が分かりました。なぜか見知らぬオジサンと地図を確認。

オジサンも納得したようなので、その場を離れようとしたら今度は「紅葉の見頃はいつ頃?」と聞かれました。

えっ?私に聞かれてもね・・と思いつつ「明日は雨のようなので今日がいいんじゃないですか」と言うとオジサンは「そうだね。ありがとう」と言い去って行きました。

変なオジサンでしたね。別に感じは悪くなかったですが。

**********************

さて紅葉ですが、真っ赤に色づいたモミジや鮮やかな黄色に染まったイチョウが日に照らされキレイでした。

やっぱり紅葉は晴れた日に眺めるのがいいですね。青空に映えます。

ゆっくりと紅葉狩り。

透明感のある燃えるような赤がひと際きれいでした。

イチョウはかなり落葉していて山門の屋根にもイチョウの葉が落ちていました。

ところで、お寺の敷地には大きな池があり、池の中ほどにモミジが植えられた小島があります。小島には屋根付きの休憩場所もあり、橋が渡されていて行くことができます。

小島のモミジです。他にも小島で写真を撮ったのですが白飛びしてしまったので載せません。

池の淵から小島を眺めると水鏡の景色が見れます。幻想的で好きな景色。

短い時間でしたが一人で紅葉を楽しみました。

そして駐車場に戻ると駐車場から山の奥に続いている道を走っていく車がありました。

あのオジサンではなかったですが、この道を使う人もいるんだと思い、私も今度と通ってみようかな、と小さな冒険心が湧いてきました。見知らぬオジサン効果。

読んで下さりありがとうございます。