カテゴリー
仕事 日々の出来事

驚きよりも、さもありなん・・

パート先のデイサービスでは全般的に利用者数が少なく、とくに少ない水曜日の営業を来月からやめることになりました。

水曜日の利用者の方々は別の曜日に振り分けられます。

昨日、厨房の職員Fさんと水曜日の営業がなくなることについて話をしました。デイサービスの営業日が減ると厨房の職員にも影響が出てきます。

厨房の職員は皆、時給でFさんの場合、水曜の営業がなくなると月2万円くらい給料が減ることになるらしいです。2万円は大きい。

会社で何らかの形で補填してくれるのでなければ、Fさんは他に移ることも考えているようです。それはそうなりますよね。

私は水曜日がなくなった分、他部署の業務をすることになることを少し前に上司から言われました。気の重さもありますが週一くらいのことでしょうし、お給料のことも考えたら仕方ないですね。

しかし、昨日はさらに驚くことを聞きました。いえ、さもありなん、という気持ちの方が大きかったかもしれません。

来月から水曜日分の業務をすることになる部署の職員Sさんとすれ違った際、「来月からお願いします」と挨拶しました。

Sさんは、まだデイサービスのことを聞いていなかったようなので状況を説明しました。するとSさんは「デイを閉鎖するっていう噂があるよね」と言ったのでした。

今の職場に入職してから1年5か月ほど。状況がずい分変わりました。

あくまで噂ですが、もしデイサービスがなくなったら私はどうなるのでしょうか。週一ではなく他部署に完全に移動?でも他部署の人員は足りていると思うし・・。お払い箱?

近い将来、再び転職をすることになるのでしょうか・・。なんだか落ち着かない気持ちになりました。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
仕事 日々の出来事

気が重い話と奇跡的な解決策

パート先のデイサービスの利用者数がずっと少ないままです。一人増えたかと思うと一人減ったりで増えません。増えないどころか延べ人数は減っています。

週1日利用する人が一人増えても、週2日利用している人が一人減れば延べ人数は減りますから。

そして今日、月曜日と水曜日を利用している方が近々、利用中止になることを聞きました。今住んでいる家を売却して遠方に引っ越すそうです。

この方がいなくなったら、週の中でとくに少ない水曜日の利用者がさらに減り片手で足りる人数になってしまいます。

どうなるのだろう・・と思っていたら上司が「水曜日の営業を停止しないといけなくなる」と言いました。それはそうでしょう・・。

そして続けて私に「水曜の営業がなくなったら、その代わりに他の部署の仕事をしてもらうことになるので心しておいて下さい」言ったのでした。「えっ!」突然のことで戸惑う私。

希望の勤務時間も聞かれましたが突然のことで、はっきり返答できませんでした。

正直、新たな業務と他の部署の人達と接することは憂鬱です。新年早々、気が重い話でした・・。

私の場合、職場の環境に慣れきってしまうと、そこから抜け出したくなくなります。要するに変化を嫌うのです。

温い環境であればあるほど・・。

そして変化によって起こるマイナスのことばかりを考えてしまいます。基本的にマイナス思考なので。

でも、他部署に完全に移動するのではなく、週一くらいのことだと思うので考えすぎないようにしようと思います。起こらないうちから、あれこれ考えるのは、せん無いこと。

でも、来月か再来月か分かりませんが、いつ具体的なお達しがあるだろう・・と思うと、やっぱり気が重いです。解決策として奇跡的に利用者が増えればいいのですが難しいでしょうね・・。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
仕事 日々の出来事

見え透いたお世辞と鬼柚子

今日はパート先のデイサービスにいつもより早く出勤しました。勤務開始前に利用者の方々に出す年賀状の宛名書きをするためです。

上司には「空いている時間に書いて」と言われましたが勤務時間中に書くのは難しいので。

そして勤務が始まるまで20分くらい書きましたが、けっこう捗りました。それは、よかったのですが上司が来て「字が上手いですね~。書道とかやってたんですか?」等々、見え透いたお世辞を言われ気恥ずかしくなりました(書道はやってません)。

宛名書きを頼んだことに気を使っているのかもしれませんが、はっきりいって全く上手くない字を褒められても嬉しくありません(謙遜ではなく本当に字は上手くありません)。

お世辞というより”褒め殺し”という言葉が浮かびましたよ。普通に淡々と接してくれた方がありがたいです・・。

ところで明日は冬至です。デイサービスは明日休みなので今日、お風呂に柚子をいれました。

柚子は利用者の方が持ってきてくれたのですが、普通の柚子ではありません。すごく大きな柚子で鬼柚子といいます。普通の柚子の何倍でしょうか?

鬼柚子を見た軽い認知症のある利用者の方に「カボチャ?」と聞かれました。カボチャには見えませんが、それだけ大きくてインパクトがあったということでしょう。

私も鬼柚子の存在を今の職場で知りましたが、こんな大きな実がいっぱいなっている木を見てみたいと思いました。壮観でしょうね。

ところで鬼柚子について調べてみたら、名前に柚子と付いていますが柚子ではなく文旦の亜種らしいです。あら、柚子じゃなかったのね。

でも浴槽に浮かんでいる鬼柚子に利用者の方々が喜んでくれていたのでよかったです。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
仕事 日々の出来事

やりたくない仕事と気がのらない誘い

今日、デイサービスのパートに行くと上司に利用者の方々に出す年賀状の宛名書きを頼まれました。そういえば去年も頼まれましたね。私の仕事になっているようです・・。

空いた時間を見つけて書くことになりますが、正直やりたくない仕事です。面倒くさいわけではなく、字を書くのが苦手だから。とくに縦書き。

そして、もともと近眼なのですが、そこに徐々に老眼が加わり、最近はとみに字が見えづらくなり書くのがますます苦手になりました。

字を書く時は、メガネをずらし至近距離で書くのですが近すぎて全体が見えず、書き終えた文字を見るとバランスが悪いことが度々あります・・。

こんな私が年賀状の宛名書きなんて、大丈夫なのでしょうかね・・。

でも断るわけにもいきませんから何とか書くしかありません。面倒くさいわけではないと書きましたが、やっぱり面倒くさい・・。さらさら~っと字が書ける達筆な人が羨ましい。

ところで今日は同僚の女性に職場の飲み会に誘われました。日にちは来週の火曜日。メンバーはデイサービスの職員(私を含め3人)、厨房の職員(3人)、そしてナースが一人。

飲み会に誘われるなんて、ものすごく久しぶり。せっかくなので参加したほうがいいかなと思っていますが、何となく気がのらないです。

とくに親しい人たちでもなく、コミュ力のない私が上手くコミュニケーションを取れるか心配だからです。

それに足がないので夫に送ってもらわなければなりません。でも平日は夫の帰宅時間が分からないし・・。

どうしようかな・・と思い夫に話したら「いいじゃん。送るよ。その日は用事があるって言って定時で上がるよ」と言われました。うーん・・断る理由がなくなり、ならば参加してみようかな。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
仕事

隙間家具のような存在?

パート先のデイサービスですが利用者が少ない状態が続いています。

上司が「冬は体調を崩すなどして利用者数が減る」と話していましたが、すでに二人ほど体調を崩して、しばらく休みになりました。

ただでさえ少ない利用者が減ってしまいどうなるのでしょうか。

コロナの影響もあるのでしょう。わざわざデイサービスに行かなくても家で過ごせると思った利用者や家族も多いのでは、と思います。

また利用者の介護が家族にとって負担になる場合はデイサービスではなくてショートステイや入所を希望する家族が多いですね。

他所のことは分かりませんが、デイサービスの需要が減っているのは確かなように感じます。

私の勤務時間も利用者数などにより3時間~7時間までまちまち。私は隙間家具のような存在かも?(入職した時は1日5時間の契約でした)

今の職場にずっといるべきか考えることもありますが、今の職場は心身の負担が少ないんですよね。利用者の介護度が低いのと上司が穏やかな人だからです。

前の職場(特老)では業務に人間関係に、いろいろ大きなストレスがありました・・。それを思うと転職には消極的になります。また就職活動をするのも正直、億劫ですしね。

何だか、ぬるいお湯にどっぷり浸かっていて出るに出られない気分。

仕事に関して未だに迷ってばかり。なかなか地に足がつきません。

読んで下さりありがとうございます。