カテゴリー
仕事 日々の出来事

少しだけサバを読む~嘘も方便

先日、同僚のパート職員Nさんから唐突に時給がいくらか聞かれました。個人的に同僚と給料に関する話なんてするものではないと思っているので戸惑いました。

どのようにごまかしたものか、もごもごしていると「給料明細の上の方に書いてあるでしょ」と有無を言わせない感じ。

私は今の職場に入職してから、ようやく1年が過ぎたばかりですが、Nさんは6年くらい勤務しています。

ただNさんは資格(介護福祉士)を持っていないので勤務年数が長いわりには、それほど時給は高くない可能性があります。資格の有無でかなり変わりますから。

私は有資格者ということで資格手当が付くのと資格無しの人より若干時給が高い契約です。でも、それをありのままにNさんに言うのは何となく気が引けます。困った・・。

迷って、本当にほんのちょっとだけ少なくサバを読むことにして、小声で「1,000円・・」と答えるとNさんは「じゃあ、一緒だね」と言ったのでした。

とりあえずNさんの時給を超える金額を言わなくてよかった・・。

Nさんは、以前勤務していた人が経験者だからということで時給が千数百円であることを本人から聞き腹立たしかったようです。

多分、有資格者だったのだろうと思いますが、私よりかなり時給が高いかも。若い人だったのかもしれません。

それはそれとしてNさんの言う通り、確かに同じ仕事をしているのに時給が違うのはおもしろくないと思います。

でも、ならばNさんは40歳くらいで、まだまだ若いのですから頑張って資格を取ればいいのに・・と思ったりもします。

それにしても何でNさんは私の時給を聞いてきたのだろう、と考えてみたのですがNさんの中には表には出さないけれど職場にたいする不満があるようです。

私が本当のことを言ったらNさんの中でさらに不満が膨れ上がったかもかもしれません。さらに私に対しても理不尽な不満を持ったかもしれません。

嘘をつくのは些細なことでも気が引けて複雑な気持ちになりますが、嘘も方便と思うしかありません。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
仕事 日々の出来事

不安になる記憶力といい男

忘れっぽいのは昔からですが最近とくに記憶力が衰えているのではと不安になったりします。

少なくなってきた日用品を買い物に行った際に買おうと思っていても、実際に買い物にいくとコロッと忘れてしまい買い忘れることが、しょっちゅうあります。

また買わなければならないものが複数あった場合、必ず一つは忘れます。

もっとヤバいのは買い物をしている際、「あっ!あれを買わなければ」と思いつき売り場に向かうのですが途中で「あれ?何を買うんだっけ・・」と忘れてしまうことです。

さすがに焦り必死に考え「あれだった!」と思いつくのですが私は大丈夫だろうか・・と自分のことが心配になったりします。

話は変わり、パート先のデイサービスがコロナで営業停止中なのですが4日間ほど他部署の手伝いを頼まれました。1日4時間です。

他部署とはシュートステイなのですが、ほとんどデイサービスとは違う利用者の方ばかりで20数名ほどいます。

手伝いとはいえ、利用者の方の名前と顔を覚えなければならないなと思い正直、気が重かったです。

初日、利用者の方に挨拶しながら名前を聞きメモしましたが、名前よりも顔を覚えるほうが難しい・・。

よく年を取るとアイドルなどの若い人の顔が皆、同じに見えると言いますが、お年寄りの顔も同じように見えます・・。

なので名前の他にメガネをかけている、ぬいぐるみを抱いている等の他の特徴も記したりしました。

後で名前を書いたメモを見返して、「この名前の人はあの人・・」と確認。なんだか神経衰弱をやっているような気分でした・・。

そして2日目の手伝いの時、何とか利用者の方の顔と名前がほぼ頭に入っていました。あら、私の記憶力もまだ大丈夫かしら、と思ったりして。

ところで手伝い初日だったのですが、90代後半の女性が同席の方に話しているのが聞こえてきました。

この女性は他の施設も利用しているのですが、そこには3人の男性職員がいて、そのうちの一人がすごくいい男らしい。そして、その男性職員のことを気に入っているようで介助してもらうのが嬉しいとのこと。

女性が気に入っている男性職員の年代は分かりませんが若い人なんだろうなと思います。お年寄りは若い人が好きですから。

それにしても90代後半の女性が”いい男”について語っているのがシュールに感じました。でも氷川きよしを好きなのと同じような感じかもしれませんね。

“いい男”は女性の記憶に強く残っているようでした。どんな”いい男”なんだろうとちょっと興味がわきました。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
仕事 日々の出来事

時間が進まない洗濯機

パート先のデイサービスでは入浴の際、たくさんの洗濯物が出ます。

脱衣所に置いてある利用者の方が使う5脚の椅子に敷いたバスタオルとフェイスタオル、それぞれの椅子の足元に敷いた厚い足ふきマットなど。

これらはデイサービスのものですが、体や髪を拭くタオルはバスタオルとフェイスタオル各1枚ずつを利用者の方に持参してもらっています。
そして持参したタオルは個人のものなので洗濯物として持ち帰ります。

ところが昨日はバスタオルを忘れた方が1人、バスタオルとフェイスタオルを忘れた方が1人いました。忘れた場合はデイサービスのものを貸し出します。

ご自分のものは洗濯物として持ち帰りますが貸し出したものはデイサービスで洗濯することになるので昨日はいつもより洗濯物が多くなったのでした。

入浴が終わった後、洗濯カゴいっぱいの洗濯物を洗濯室に持って行き、いつも使っている洗濯機に入れると調度入りきりました。

そして電源ボタンを入れてから1時間半後に洗濯物を取りに行くと、とっくに終わっている時間なのに、なんとまだ残時間の表示が20分ちかくもあったのでした。
変だな・・と思ったら他部署の職員に「エラーになっていたので直した」と言われました。

それで時間がかかっていたようです。しかし20分後、再び洗濯機を見に行ったのですが終わっておらず残時間も、ほとんど減っていません。洗濯機は動いていて一応、脱水しているようなのですが・・。

なぜ?時間が進まない洗濯機。洗濯機だけ時間の流れが違うのでしょうか。SFじゃん、と思いましたが、まさかそんなわけはなく洗濯機がおかしいと思われました。

もう少し様子を見ることにしましたが退勤時間までに終わらないのでは・・と心配になりましたよ。

洗濯物の入れ過ぎを他部署の職員に指摘されました。確かに昨日は多かったけれど、今までも、これくらいの量の洗濯をすることはありました。でもエラーになることはなかったと思います。

同僚も訝しがっていましたが、考えてみるとデイサービス以外の部署でも洗濯機を頻繁に使用するし一般家庭よりも使用頻度は高いです。毎回、量もけっこうあるし。

酷使されているので劣化が進むのも早いのかもしれません。でも洗濯機を購入してからまだ2年くらいと聞いたような気がします。(私が入職したのは去年の8月)

みたび同僚が見に行くとやはり残時間は減っておらず、洗濯物を確認するとビショビショで全く脱水されていなかったとのこと。結局、小分けにして脱水してみることにしました。

脱水が出来なかったらどうしよう・・調度、私が使った際、壊れたとかになったら嫌だな・・確かに洗濯物は多かったし・・いろいろ考え落ち着かない気分になりましたが、とりあえず小分けにしたら無事脱水出来て退勤時間前に干し終わりました。

洗濯物の量もですが片寄りとかも原因だったかもしれません。とりあえず、これからは洗濯物が入りきっても多い時は2回に分けて洗濯しよう、と思ったのでした。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
仕事 日々の出来事

思わぬ勘違い、あやうくクレームになるところでした

デイサービスのパートですが今週の月曜日は私と上司のHさん(男性)の二人体制での勤務でした。本来は同僚の女性が二人いるのですが、たまたま用事があり二人とも休みだったためです。

私が働いているデイサービスでは入浴は午後で入浴介助は通常女性職員3人か2人で行っています。しかし月曜日は私一人だったので、普段は入浴介助をしないHさんが男性利用者の入浴をしてくれることになりました。

先にお昼休憩に入ったHさんが戻った時、私が男性利用者の入浴準備を整え個々の方についての説明をしました。全部衣類を取りかえる方、肌着のみ取りかえる方、着てきた衣類をそのまま着用する方など。

私が遅いお昼休憩に入るとHさんは入浴を始めました。男性利用者は少人数なのでそれほど時間はかかりません。私がお昼休憩から戻ると男性の入浴はすでに終わっていました。

それから私が女性利用者の入浴を一人で行いました。とにかく安全第一。何事もなく無事に終わりホッとしました。

そして送りの時間になり、利用者の方を数人ずつ玄関に誘導しました。そしてHさんが男性利用者の一人に靴を履かせていた時、「これ・・ズボン下だね?」と言ったのでした。

私は「えっ・・」と思いHさんが靴を履かせていた男性利用者の方をよく見ました。厚手のダークグレーで一見スウェットのズボンに見えますが履いていたのはズボン下。なんとズボンを穿いていませんでした!

その男性は肌着のみ交換で上着やズボンは交換しないことをHさんには伝えてありました。
しかしHさんは私が準備した交換用のズボン下をスウェットのズボンと勘違いしたのです。そしてズボン下がないと思い履いてきたズボン下を下に履かせていました。

要するにズボン下を2枚履かせたのです。男性は認知機能の衰えもあり気付いていませんでした。

私はHさんに言われ急いで男性をデイルームにある静養室に誘導してズボン下を一枚脱がせズボンを穿かせました。

危なかった・・。ズボンを穿かずに家に帰ったら家族もびっくりしたでしょう。しかもズボン下2枚という、よくわからない状態・・。

男性の家族はうるさい(失礼ですが)らしいので大クレームになったかもしれません。Hさん自ら気づいてよかったです。
厚手でダークグレーのズボン下だったのが勘違いのもと。ズボン下が肌色だったら間違えなかったでしょう。でもよく見ていなかったのです。

しかし私も男性がデイルームで過ごしている時はまったく気づきませんでした・・。まさかズボンを穿いていないなんて。私の目も節穴です。

人は思わぬ勘違いや思い込みをすることがあるんだな、と今回のことで実感しました。また見ているようで見ていない・・。自戒もこめて。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
仕事 日々の出来事

言い合いではなく話し合うことが大事

私が働いているデイサービスの部屋からは、どうしても建物の作りの関係で厨房での話し声が聞こえてしまいます。聞くつもりはないのだけれど耳に入ってしまう会話。

とりとめのない会話だったらいいのですが、昨日の午前中、二人の厨房職員が話し込み”辞める、辞めない”などと言っているのが聞こえどうなるのかと思いました。40代の男性職員(独身)と50代の女性職員(既婚)です。

職場の人間関係に悩みが生じることはよくあることです。

今の職場で男性は長年働いていますが女性はまだ1年経ちません。先輩の男性がアドバイスのつもりで言ったことも女性にとっては責められているように感じられたり、男性の物言いが女性にはいろいろ負担に思うことがあったようです。

昨日、女性職員は自分が思っていることを男性職員に直接伝えたようです。

男性としては、二人での勤務が多いのですが共通の話題がないのでコミュニケーションとしてもっぱら仕事のことを話していたようです。男性は饒舌な人です。

男性職員は余分なことを話さず黙々と仕事をすればいいのに、と私は思いましたが、それはそれで気詰まりな雰囲気になるかもしれません。

何だかかみ合わない関係。でも女性の思いを聞いた男性は別に不機嫌になることもなく女性の気持ちを尊重するようにしたようです。

二人の会話は険悪な雰囲気ではなく、とりあえず丸く収まったように思えました。

昨日の午後、二人に呼ばれ厨房に行くとおやつに出す焼きたてのスウィートポテトを味見させてもらいました。スウィートポテトは女性の手作りで表面はふんわりしていて優しい甘さで美味しかったです。厨房の中は和やかな雰囲気。

昨日、二人は言い合いではなく話し合いをしていたな、と思います。言い合いだと自分の主張のみで物別れに終わっていたかもしれません。

二人の心の中で完全にわだかまりが消えたというわけではないかもしれませんが、話し合うことで歩み寄り何とか上手くやっていこうというふうになったように思えます。

感情的にならず建設的に話し合うことが大事だなと思いました。

読んで下さりありがとうございます。