カテゴリー
日々の出来事 雑記

年齢を気にしつつも年齢に縛られたくない

パート先のデイサービスを利用している方で90代後半の女性がいます。足腰は弱っていますがシルバーカーを使い自力で歩き、頭もしっかりしていて、この方が認知症になることは、まずないだろうなと思っています。

多分、100歳も今のまま迎えられるでしょう。

ところで数日前、この女性から84歳の時に河津桜の苗を買った話を聞きました。

女性は河津桜の苗を買った時、「桜が咲くのを見られるかしら」と思ったそう。でも庭に苗を植えてから4、5年後には花が咲き出し、今ではきれいな河津桜が見られるとのこと。

ただ、それだけの話なのですが何となく心に残りました。

*****************************************

あと数年で私も還暦になります。正直、自分の年齢を考えるとネガティブな気持ちになることが往々にしてあります。

何か新しいことをやりたいと思っても”今さら・・”とか”手遅れ・・”という気持ちが湧いてきてしまう。

習得したり達成するのに年月がかかることはよけいに。

でも、今さら、やっても無駄だなと思うようなことも始めて続けていくうちに、いつしか身に着き、満開とはならなくても、そこそこの花が咲くかもしれません。

そこそこじゃなくて、わずかでもいいのです。

10年後、20年後、30年後の自分から見たら(生きていたらですが)、今の自分はまだ若いでしょう。

年齢を気にしつつも、まだ年齢に縛られたくないなと思いました。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

注目の的になりスカスカになってしまったサボテン

数週間前、パート先のデイサービスでデイルームの窓の外を何気なく覗き見ると室外機の上にサボテンの鉢がありました。

指のように細長いサボテンが群生しているもので、思い起こすと、先月辞めた職員が1年くらい前に「花が咲いたから」と持ってきたものです。

そのサボテンは窓の側に置いてあるテーブルの上に置かれ、しばらくの間、大きなピンクの花を咲かせていましたね。

そして、そのうち花の時期は終わり、サボテンは姿を消しました。

私は、てっきり辞めた職員が持ち帰ったとばかり思っていたら、ずっと野ざらしで室外機の上に置きっぱなしだったようです。

そういえば辞めた職員は、このサボテンを以前来ていた利用者さんに貰ったとか言っていたような。

辞める時、サボテンのことは忘れてしまっていたのか、それとも、あえて置いていったのか分かりませんが、サボテンは辞めた職員にとって、それほど大切なものではなかったのかな。

まあ、そんなわけでサボテンに気付いてから、パートに行くとサボテンをチェックするようになりました。すると間もなくツボミらしきものがつき、そのうち去年のようにキレイな花を咲かせました。

せっかく、キレイな花が咲いたので一昨日、去年と同じようにデイルームの窓の側のテーブルの上に置いたらサボテンは利用者さんたちの注目の的。

利用者さんの一人が「挿し木にしたいので一つ欲しい」と言うと他の利用者さん達も「欲しい、欲しい」となったのでした。

しかし一応、辞めた職員が置いていったもの。

上司にその旨を話し、利用者さん達に上げてもいいか確認すると「いいですよ」とのことでした。なので群生しているサボテンをピンセットで一つずつ摘まみ取り、利用者さん達に差し上げました。

そして、最後に私も上司の了承を得て貰いました。

すっかりスカスカになってしまったサボテン。もし辞めた職員がサボテンを引き取りにきたら・・・事情を話したら「別に構わないよ」と言ってくれると思います。そういう人。

スカスカになったサボテン

まあ、スカスカになったけれど、そのうち、また増えるでしょう。そして貰われていったサボテンたちも増えて、あちこちでキレイな花を咲かせることでしょう。

二つ貰いました
昨日、鉢に挿しました。
無事、根付くといいのですが。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事 雑記

じわじわ感じる景気の悪さと6,000円で悩む

使用している化粧品メーカーは決まっていて、いつも公式のオンラインショップで注文しています。

数日前、2ヶ月ぶりに注文したのですが、シビアさを感じることがありました。

以前までは注文金額により、サンプルがいくつか貰えたのですが、それがなくなっていたのです。

新商品などで気になるものがあっても試すことが出来なくなってしまいました。実店舗に行けばテスターがあるのかもしれませんが、近場に実店舗はないですからね・・。

また、ネットで注文するとポイントが付き、貯まったポイントと指定の商品を交換できるのですが、商品交換のポイント数も変わっていました。

確か以前は3000ポンイトくらいから交換できる商品があったのですが、いつの間にか商品交換は5000ポントからになっていました。

ここ最近、特典がなくなったり、減ったりすることは、この化粧品メーカーだけではなく、なんかこう、景気の悪さをじわじわと感じてしまいます。

ところで実は、ちょっと悩んでいることがあります。

少し前、ブログ村からメールがきました。内容は簡単にいうと諸事情によりブログ村の運営が不安定になっているため有料の広告非表示プランに入って欲しいというもの。多分、ブログ村を利用している多くの方に送られてきていると思うのですが。

月500円(税込)なので年間6,000円。決して高額ではないのですが、私にとっては悩む金額。現在、ワードプレスでブログを書いていてレンタルサーバー代もかかっているし。

でもブログ村にはお世話になっているので協力したい気持ちもあるのですが決めきれないでいます。

しかし年間6000円で悩む自分も何か情けなく感じてしまいますね。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事 雑記

ミニバラと懐かしい特撮映画

昨日の土曜日、パート先のデイサービスでキャンセルが2人出て、もともと少なかった利用者が更に少なくなったため、私は急遽休みになりました。

土曜日が休みになり久しぶりの連休。嬉しい。昨日は夫も休みだったので近場のお店をあちこち巡りました。

私はホームセンターやダイソーで日用品や園芸用品などを購入。夫は先週訪れた直売所で安くなっていた売れ残りのミニバラを買うか買わないか迷い保留にしていたのですが、やっぱり買いたいということで行ってみました。

しかし、すでに売り切れ。何鉢かあったのですが。

花は枯れていましたが、枝が伸び葉っぱも青々としていて元気なミニバラだったので、夫は「買っておくべきだった」と少し残念そうでした。

ところで3月の終わりに私が買ったミニバラですが、花が枯れ葉っぱも全体的に黄色く枯れてきました。うどんこ病の薬を噴霧したりして気を使ってきたのに・・。

過去にも何度かミニバラを買ったことがありますが短期間であれよあれよという間に枯れてしまいました。原因は分かりません。

私にはミニバラを育てる技術がないようです。今回もダメかも・・と思いつつ、何とか持ち直して欲しいです。

枯れてきたミニバラ

**********************************

夜、何かYouTubeでも見ようと思ったら、おすすめに「大魔神」が上がっていました。

子供の頃、TVで見たことがあります。懐かしさと2週間限定公開ということで見てみました。

お馴染みの埴輪顔から大魔神に変わるシーンがいつくるだろうかと待ち遠しかったですが時代劇としても特撮物として面白かったです。

大魔神が暴れまくるシーンの迫力がすごくて超自然の脅威みたいなものを感じました。特撮にはCGとは違う見応えがありますね。

そして俳優さんたちもよかった。とくにお姫様役と巫女役の方が個人的にいいなと思いました。

3部作なので他の2作も改めて見たくなりました。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事 雑記

やりたいから、やっているだけ

一昨日は老母の月1回の整形外科受診の日で、いつものように私も付き添いで一緒に行きました。毎度のごとく診察まで1時間くらいかかり、それから骨粗鬆症の注射をして薬をもらって、ようやく終了。

帰りは老母に頼まれ整形外科近くの直売所に寄りました。野菜の苗を買うためです。

まずナスの苗を20本買い物ガゴに入れ、次にピーマンの苗の売り場を見に行きました。しかし老母が欲しい品種は売り切れ。なのでナスの苗だけ買いホームセンターに行きました。

ホームセンターには目的のピーマンの苗があったので20本買い、他にシシトウの苗も10本買いました。

野菜作りに対しては、まだまだ意欲的な老母。ホームセンターで会計の際、スタッフの方に「たくさん作るんですね~」と言われました。確かに。”この他にナスも20本あるんです”と心の中で呟きました。

今月は老母の誕生月で87歳になります。

「80歳の壁」という本が話題になりましたが、老母も70代後半から老化が進みました。80歳を越えたら、このまま坂道を転げ落ちるように衰えていくのかと思ったのですが、そうでもなく、ある時から落ち着きました。そして何とか現状維持。

背中も丸くなりヨタヨタしていますが野菜作りは継続していて、それも、けっこうな数の野菜を作っています。そして近くの無人直売所にも出しています。

耳が遠くなり年なりに惚けたところがあるけれど認知症にはなっていません。あと何年くらい、この調子でいけるでしょうか。80歳の壁を超えたら次は90歳の壁?

さすがに90歳を超えると色々厳しそう・・。

でも老母を見ていると老いても何か一つ、やり続けられることがあるのはいいことだなと思います。

老母にとって野菜作りはライフワーク。ただ本人はそんな小難しいことは考えていなくて、やりたいからやっているだけでしょう。

きっと、それがいいのだと思います。

読んで下さりありがとうございます。