カテゴリー
神社仏閣 空の情景 食する

戸惑った若い男性店員と住宅街にあるお寺、家の上空で轟音

気が付いたら、もう、1月も終わり。今月の出来事でブログに書こうと思いつつ、書き損ねたことを幾つか書いておこうと思います。

1月14日(日)
お昼、夫とスシローに行ったところ、スシローとシナモロールがコラボしたプチローセットなるものが販売されていました。おお~!これは頼まなければ!とシナモロール推しの私は真っ先に注文。

プチローセットは、スシローで人気のネタ5貫(まぐろ、サーモン、えび、たまご、グリルチキン)をミニシャリで提供、他にエビフライやウィンナー、ゼリーをセットにした一皿。

プチローセット
タコさんウィンナーです

さらにシナモロールのオリジナルファスナーポーチ付き。ポーチは6種類あり、どれがもらえるかはお楽しみ。

私が貰ったのは、シナモロールと仲間たちとスイーツがデザインされたピンクのポーチでした。

貰ったポーチ
お参り用の小銭入れにしようと思います

ところでレーンで流れてくるのかと思っていたら、プチローセットは店員さんが持ってきてくれました。若い男性店員さんで、私と夫を目にすると「こちらでよろしいでしょうか?」と戸惑ったように聞いてきました。

プチローセットは、とても可愛らしいセットで、注文するのは、ほとんどが子供か若い女子と思われます。若い男性店員さんもそのつもりで持ってきたら、いい年したオジサンとオバサンしかテーブルにいないのですから、もしかしたら”間違えた?”と思ったのでしょう。

そりゃそうだ。若い男性店員さんが戸惑うのも無理がないこと。

*********************************

1月18日(木)
夫の用事に付き合い朝7時35分の高速バスで遠出。・・といっても県内ですが。
夫の用事は短時間で終わり、それから千葉寺(せんようじ、ちばでら)に行きました。

住宅街の細い道を通り到着したのは11時半ごろ。本堂に行き、いつものように一人でお参りしてから御朱印を頂きました。(夫は無信心でお参りをしません。でも御朱印は頂きます。スタンプラリーみたいな感覚のよう)

それから境内をぶらぶら。

とくに目を見張ったのが、ものすごく大きな銀杏の木。和銅2年(708)、僧行基がもたらしたと伝えられているらしい。枝から乳柱というものが、いくつも垂れ下がっていました。

奥が本堂
手前に銀杏の木
乳柱

本堂は新しそうな印象。通りに面した仁王門は歴史を感じる佇まいで、とくに正面の屋根の下中央にある龍の彫刻がかっこよかったです。

仁王門
龍の彫刻
反対側には亀がいました
御朱印

*********************************

11月25日(木)
昼食後、家の上空でバリバリバリという轟音。ヘリコプターだと思い庭に出て空を見たら、けっこうな至近距離にヘリコプターが留まっていました。おお!

子供のように心が弾む。多分、自衛隊でしょうね。しばし眺める。

乗ってみたいな

ようやく移動していったのですが、少ししたら、また戻って来ました。

夏ミカンの向こうにヘリコプター

なので、また、しばらくヘリコプターを眺めていたけど、もしかしたら向こうからも私が見えていたかも・・。そう思うと少し恥ずかしくなりました。

それくらい近い距離でした。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事 食する

夫のおすすめでしたが・・

昨日のお昼は夫の希望で近場のラーメン店に行きました。夫は職場の人達と何度か訪れているお店ですが私は初めて。

普通のラーメンの他にサイミンというハワイ風ラーメンもあるお店で、目的はそのサイミン。夫のおすすめだったので一度食べてみることにしました。

注文したのは私が普通のサイミン(950円)で夫はチャーシューサイミン(1,330円)、そして、それぞれ餃子1枚ずつ(5個入り500円)。

注文した普通のサイミンと餃子

さて、サイミンを食べた感想ですが新感覚ラーメンというか・・ラーメンとは似て非なるものでした。
一応、ウィキペディアでサイミンを見たらハワイ発祥のラーメンによく似た麺料理とのこと。やっぱりラーメンではないってことですかね?

白い細麺だったのですが茶色い粒々が混じっていてラーメンの麺というより更科蕎麦みたいでした。ちなみに茶色い粒々は全粉粒入りのためのようです。

スープは地元のアサリと鰹節を使用したあっさりした塩味で可もなく不可もなくといった感じ。最初にスープを飲んだら香ばしさがあったのですがチャーシューの影響かもしれません。

うーん・・私は元々、塩ラーメンがそれほど好きではないので塩ラーメンが好きな人が食べたら、また違った味わいを感じるかもしれません。

麺も普通のラーメンの方が好きですね。また食べたいかというと・・夫のおすすめでしたが正直、もう、いいかな。夫は気に入っているようなので好みの問題だと思います。

餃子ですが餡がたっぷりで1個が大きかったです。5個だとボリュームがありましたね。美味しかったです。

お客さんはコンスタントに入ってきていて、お客さんと店員さんとの会話を聞いていると常連と思われる方もいました。

もし今度、来ることがあったら普通のラーメンを頼もうと思います。

*********************************

月に1、2回はラーメン店に行ってますね。ブログに書きそびれたのですが先月は味噌ラーメンのお店に行きました。時折、訪れるところです。

3種類の味噌の中から注文したのは九州麦味噌の野菜ラーメン(880円)。茹で野菜と薩摩揚げ付き。そこに炙りチャーシューを1枚トッピング(132円)しました。

注文した九州麦味噌 野菜ラーメン

九州麦味噌のスープは甘めで、まろやかでした。ラーメンに薩摩揚げの組み合わせがミスマッチでは・・と思ったのですが、そんなことはなく美味しかったです。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
お出かけ 食する

インパクトのある天ざるとこれは美味しい!銘菓2品

今月2日、秩父の三峯神社を訪れた際、お昼に入ったお店や帰り道で買った”これは美味しい!”と感嘆した銘菓を紹介したいと思います。

*********************************

まずは、お昼ですが長瀞駅近くの「そば処たじま」さんに行きました。

ここは4年前に秩父の神社巡りをした際に初めて訪れました。”天ざるそば”を食べたのですが、とにかく山盛りの天ぷらがインパクトありましたね。機会があったら、いつかまた行けたらいいなと思っていました。

ということで今回は2回目の来訪。人気店で前回もですが今回もすぐにはお店に入れず店外でしばらく待ち店内でもしばらく待ってからテーブル席に案内されました。

夫は”天ざるそば”、私は今回は”天ざるうどん”を注文。お通しに”そばかりんとう”を出してくれました。

そばかりんとう

そばかりんとうは素朴な味わいで店内でも販売しています。

天ざるうどん 1,600円(税込)

天ざるうどんですが、今回も期待通りの山盛りの天ぷらで海老と沢山の種類の野菜が使われていました。

前回は野菜だけで海老はありませんでしたが、天ざるに海老を付け、野菜だけのは野菜天ざるとしてメニューを分けたようです。

野菜の天ぷら内訳ですが、さつまいも、なす、人参、生姜、プチトマト、かぶ、舞茸、ジャガイモ、パプリカ、ゴーヤ、オクラ、ズッキーニ、さやえんどう、南瓜、葉物3種類(何かよく分からず)。しかし、こうやって書きだしてみると、すごい数ですね。

軽くサクサクしていますが量が多いので最後の方は少しきつくなってしまいました。前回は平気だったのですが。

きつくなったのは海老が増えたのと、うどんにしたこともありますね。けっこうコシのある太めのうどんだったので、もちゃもちゃしていて山盛りの天ぷらとだと重くなってしまいました。ツルッと食べられる、そばの方がよかったかもしれません。

でも完食。お腹いっぱいになりました。お昼を食べた後は帰路に着きました。

*********************************

帰り道のSAで買った美味しい2品。

一品目はお芋と栗のスイートポテト「ぽてっとほっくり」

お芋と栗のスイートポテトが各2個入っているものを2箱購入。4年前、秩父を訪れた際にスイートポテトにハズレはないと思い買ってみて期待通り美味しかったので今回も買いました。

箱も可愛い 1,371円(税込)
ぺろりと食べてしまいました
栗のスイートポテト

お芋のスイートポテトはよくあるけれど栗のスイートポテトは珍しいのでは?

二品目は「十万石幔頭」5個入りを購入。

これは夫が激しく推奨するので買ってみましたが本当に美味しかったです!
饅頭は土産物の定番ですが、正直それほど美味しいものではないという風に思っていたので期待してなかったんですよね。

745円(税込)
箱の絵が棟方志功なのが何気にすごいですね
もう一箱買ってくればよかった・・

しっとりした白い皮ときめの細かい上品な甘さの餡。何個でも食べられる美味しさです。

ちなみに饅頭の饅が十万石幔頭では食偏ではなく巾偏になっています。これは棟方志功曰く「この饅頭が全国に広く知れ渡ることを願ってこの字にした」とのこと。

棟方志功との秘話など物語も感じる幔頭で埼玉銘菓に相応しい。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
お出かけ 折々の場所 食する

食べられなかった鰻と見られなかった古代蓮

夫が美味しい鰻のお店を職場の人に教えてもらいました。明日は土用の丑の日なので一日早いですが、夫と今日のお昼に行ってみることにしました。

鰻を食べるのは何年かぶりです。ネットでお品書きを見ると、ちょっとお高いですが美味しそう。評判のいいお店のようだし楽しみでした。

午前11時開店だったのですが家を出るのが遅れ11時20分頃に到着。混んでいるかな・・と思ったのですが駐車場には数台の車が停まっているだけで、まだまだ空きがありました。

お客さんは、まだそれほど来てないようだと思い、夫と「よかったね」と言い合い車を降りて入口に行きました。

すると入口には何やら一枚の貼り紙が貼られていて、すでに予約客で満席とのことが書かれていました。あらら・・。

明日は土用の丑の日とはいえ予約で満席なんて、かなりの人気店のようです。待つことも無理なようでガッカリしましたが仕方ありません。

諦めて、ここ最近よく行く中華屋さんに行くことにしました。こちらも人気があるお店ですが予約客だけでいっぱいということはありませんからね。

中華屋さんに着くとけっこう混んでいましたが、すぐに席に着くことが出来ました。そして夫は五目焼きそばと餃子を、私は冷やし担々麺とエビチリ(小皿)を注文しました。

冷やし担々麺とエビチリ(小皿)

美味しく頂きましたが鰻に未練が残りました。時期もあるでしょうが予約をしてから行った方がよさそうです。

さて中華屋さんを出た後は観光スポットになっている古代蓮を見に行きました。

去年の8月中旬に行った時は、とうに見頃が過ぎていて一つも花はなく種ができていました。なので今年は7月中に行ってみることにしました。

しかし到着すると残念ながら今年も見頃は過ぎていて去年と同じ光景が広がっていました。訪れているのは私と夫だけ。

あーあ・・また沢山の古代蓮が咲いている光景を見られませんでした。

種ができた蓮畑

種ができた蓮畑の光景もシュールで嫌いではありませんが、蓮畑一面に咲いている蓮の花が見たかったですね。

今日は狙い通りにいかない日でしたが、それもまた一興。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
お出かけ 食する

期待値が高すぎたお店と小っちゃな不満

昨日は私の公休に合わせて夫が有休を取り休みだったので、お昼は夫が行きたがっていた海鮮料理のお店に初めて行きました。

家からは少し遠いですが沢山の人が訪れる人気店のようです。どんなお店か楽しみに思いながら車の助手席に乗っていました。

そして10時50分頃に到着(開店は10時)。通りから田んぼの中の細道を入っていった木の茂るところにありました。

田んぼの中に海鮮料理店というのが意外性がありますね。隠れ家のようでもあります。

お店の外観

混み具合が気になっていましたが待ち時間なく入店。

座敷席とテーブル席があり私達はテーブル席に通されました。座敷席は新しそうでしたがテーブル席はシャビーシックな雰囲気で窓から見える田園風景がきれいでした。

私は「小金目鯛煮付けとアジフライ定食」(税抜2,000円)、夫は「極み丼」(海鮮丼です。税抜1,980円)+「アジフライ単品」(値段が分からなくなってしまいました)を頼みました。

小金目鯛煮付けとアジフライ定食

さて、食べた感想ですが美味しかったです。でも、すごく、というわけではなく普通かな・・という感じ。夫も同じような感想でした。

うーん・・人気店ということで、ちょっと期待値が高すぎたかもしれません。料金もちょっと高く感じました。

でも一度は訪れてみてもいいお店かな、とは思います。

あと夫の小っちゃな不満を一つ。

アジフライには千切りキャベツが添えられていてプチトマトも付いていたのですが、私が頼んだ定食のアジフライのプチトマトは1個、対して夫が頼んだ単品アジフライのプチトマトはカットした半分でした。

私が頼んだ定食のアジフライは2枚、夫が頼んだのは単品で1枚。おそらくアジフライ1枚につきプチトマト半分を付けるのでしょう。

夫は「普通、1個付けないかな?」とぼやいていました苦笑。

駐車場から見た風景

梅雨とは思えない天気のいい日で青空と緑がきれいでした。料理よりも場所が気にりました。

読んで下さりありがとうございます。