カテゴリー
日々の出来事 雑記

春の陽気にカエルと猫

昨日は暖かかったですね。まるで春の陽気。

私は介護老人施設で働いています。昨日の午前中は入浴で私は着脱の介助でした。
脱衣所にいると浴室でなにか騒いでいます。なにかと思ったら浴室にカエルがいたのでした。入所者の方が見つけたようです。アマガエルで色は緑ではなく薄い黄ニラみたいな色でした。アマガエルは周りに合わせて色を変えるので、浴室のタイルの保護色になるよう変色したのかもしれません。
カエルも春と間違えて出てきたのでしょうね。外に出してあげました。

私はカエルって、かわいくて好きです。さわれない人もいますが、私は全然平気です。
本物のカエルは苦手でもカエルのキャラクターを好きな人は多いんじゃないでしょうか?色々ありますよね。
ちなみに私は、ど根性ガエルのピョン吉と日本最古の漫画と言われている鳥獣人物戯画のカエルが好きです。あと薬局の店頭に置かれているカエルの人形。ちょっと欲しいです。

そういえばカエルは縁起物でもあります。無事帰るとか、お金が帰るとか、若返るとか・・。お守りもありますね。

そんなありがたいカエルも猫にとって実は大敵なんですよね・・。あまり細かくは触れませんが(気色悪いことなので・・)以前飼っていた猫が寄生虫に感染しました。原因はカエルを食べたことによるものでした・・。

猫も味の好みがあり、キャットフードや食べ物の好き嫌いがあります。好きじゃない物は見向きもしません。けっこうなグルメです。そんな猫ですが、カエルや虫も食べたりします。カエルや虫って美味しいのでしょうか・・?
猫は飛び跳ねるカエルや動く虫を見ると目つきが変わります。野生にかえるのでしょう・・。変な物を食べないように気を付けたいです・・。

以前、出かけた時、どこかのPAで鳥獣人物戯画のガチャガチャを見つけました。思わず2回ほどやってしまいました。出てきたのは、カエルと猫でした。本当はウサギが一番、欲しかったのですが・・。でも、よく出来ていて気に入りました。

今日は昨日とうってかわって気温が下がり寒いですね。昨日のカエルはまた冬眠したんでしょうか・・。

ガチャガチャのカエル
ガチャガチャの猫さん
湯呑み茶碗に引っ掛けてみました。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

とりたてて何もない一日ですが・・

今日は仕事が休みでした。
午前中は母親と銀行に行き、それからホムセン、スーパー、コンビニで買い物。帰宅したら、もうお昼でした。
午後、何かやろうかと思ったのですが、お昼を食べたら睡魔が・・。しばらく眠ってしまいました・・。まあ、いつもこんな感じですが・・。

少し前に購入した付録の財布が、小銭入れに不備があり小銭がこぼれ使用できないものでした。どうしようか迷いましたが、付録対応事務局に連絡しました。今月20日頃です。
こういう問い合わせとか苦手で緊張します。しかし事情を説明すると、すぐに交換品を送ってくれることになりました。多分、私だけじゃなく結構、問い合わせがあったんじゃないかな・・と思います。
いつ来るかな・・と思っていたら今日の午後、届きました。

確認すると小銭入れのファスナーをしめても、やはり若干の隙間があります。でもこれくらいなら小銭が落ちることはなさそうです。実際に小銭を入れて試したら大丈夫でした。よかったです。

気分よく紅茶を飲みながら、おやつを食べました。おやつはコンビニで買ったバナナチョコクレープ。
紅茶は、お茶屋さんで頂いたフレーバーティーのサンプル。ルイボス レモンのティーバッグ。
レモンの香りがさわやかで、朝に合う気がしました。

そういえば、紅茶はインフルエンザ予防の効果があるという話がありますね。砂糖やレモンを入れてもいいそうですが、ミルクはだめみたいです。

しかし今は新型コロナウイルスが心配ですね・・。今のところワクチンや特効薬はないそうで、日に日に感染者が増えてますね・・。早く収束してほしいです・・。

まったりと過ごしているうちに日が暮れて夫が帰ってきました。
なぜかフグのひれ酒を買ってきてくれました。今日は暖かいですが、また例年並みの寒さになるそうです。ひれ酒は寒い日に飲みたいと思います。

とりたてて何もない一日でした。でも何もない一日というのも平和で幸せということかもしれません。

さっそく使いたいと思います。
旧財布
新財布
寒い日に熱燗で

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
思い出

さすらいの猫

どこからかやって来る男たちがいます。といっても猫の話です。まったく人になついていない完全野良猫もいれば、穏やかで人懐こくて元々は飼い猫だったと思われる猫もいます。去勢していないので、メス猫を追っていつの間にか住んでいた場所を離れ遠くまで来てしまったのでしょう。

強いオス猫が現れると、ウチに来ていたご近所の猫たちが来なくなります。去勢していないオス猫は縄張り意識が強いです。ケンカして弱い猫は追いやられてしまうのでしょう。
強いオス猫の1匹に毛足の長い黒猫がいました。見るからにふてぶてしい面持ちをしていて目つきが悪くたてがみがありました。なでようとするとシャーといい爪をたてて怒ります。完全な野良気質。かわいげのない怖い猫でした・・。ウチではモサと呼んでました。

でもその内、どこに行ったのかモサの姿が見えなくなりました。そうすると来なくなっていたご近所の猫たちが安心したのか、またやって来るようになりました。いなくなったのが分かるんですね。
かわいげのない猫でも、いなくなると寂しい気がして、どこに行ったのかな・・と思っていると数か月後、またひょっこり現れたのでした。するとご近所の猫たちは再び来なくなりました。つかの間の平和でしたね・・。

いなくなったり現れたりということを繰り返し、モサもいつの間にか本当にいなくなりました・・。

モサのライバル(?)に近所の家の茶白の猫がいました。この猫だけはモサがいても時々、やって来ました。飼い猫といっても未去勢のオス猫で家には入れてないようでした。未去勢だとマーキングしますからね。物置にでもいたのでしょう。
この猫は一応、飼い猫だけあって撫でられるし怒ったりしません。でも対オス猫だと闘争心むき出しになります・・。ケガも多かったです。名前は知りません。ウチでは勝手にサバオと呼んでいました。
ちなみにサバオはまだいます。未去勢でどこにも行かず、10年以上、同じ場所に住み続けるオス猫は珍しいですね。

モサとサバオ・・どちらが強かったのかな・・。一触即発!という時もありましたが、ケンカにはなりませんでした。よかったです。ケンカっ早いサバオもモサには向かっていけなかったのかもしれません。何となくお互いけん制している感じでした。
まあ、私の知らないところでバトルしていたかもしれませんが・・。

モサは印象深い猫の1匹です。今でも、どこかをさすらっているのでは・・と思ったりします。

モサです

サバオです。そして後ろにモサ!屋根の上で大喧嘩になるかと思いヒヤヒヤしましたが大丈夫でした。

今では、モサはかっこいい猫だったな・・と思います。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事 雑記

夢にあばかれたこと

今朝、嫌な夢を見ました。家に居ついたキジトラ子猫の頭部が転がっている夢・・。
数日前、キジトラ子猫の右耳が5分の1ほど噛み切られていたことが心に残っていたせいかもしれません・・。起きて外を見ると軒下に元気なキジトラ子猫がいました。ほっ・・。

夫に話すと「自分も似たような夢を見たことがある」と言います。
キョンの駆除の話を聞いた日、夢の中でキョンが猫にすり変わり、猫がキョンと同じ目にあっていたとのこと・・。

キョンは小型犬くらいの外来種の鹿です。私の住んでいる地域では出ませんが、県内の他の地域でどんどん増えて農作物にも被害が出て困っているようです。今はないレジャー施設から逃げ出し野生化したらしいです。庭先にやって来て花を食べたりもするようです・・。

話を夢に戻します。私は夢から目覚めると、たいがいよく覚えていなくて、所々の場面だけが記憶に残っています。例えば何かに追いかけられ逃げようとすると足がもつれ上手く走れないところとか・・外を見ると家の周辺をトラがうろついているところとか・・。今日は猫の首が転がってる場面だけをはっきり覚えています・・。それにしても何だか嫌な場面が多いです・・。楽しい夢って記憶にないかも・・。

たまに夢により気付かされることもあります。自分の本当の気持ちを・・。

以前、生きていくのって、しんどくて大変・・50年生きたら十分・・もう生に対する執着ないな・・なんて、思っていた時のこと。
夢の中で末期がんの宣告を受けました。ハンマーで後頭部を殴られたようなショックと恐怖。動揺し絶望しました。・・そして目覚めた時、ものすごーくホッとしました。いや・・生に対する執着ないどころか、めちゃくちゃ強くて、まだまだ生きていたいことを実感しました。夢に私の本当の気持ちをあばかれたのでした・・。

猫たちは暇さえあれば寝ています。猫たちも夢を見るんでしょうね。
猫たちの寝姿は、微笑ましくおもしろくて癒されます。いろいろ写真にとってます。写真を上げたいのですが、ボロ屋なうえに散らかり放題の部屋も映ってしまうのであげることが出来ません・・。

夢は記憶を整理したり定着させる役割があるそうです。
夢は記憶に残ってなくても毎日見てるそうなので、頭の中は毎日夢によって片づけられているんですね。
家の中も夢見てる間に片付いてるなんてことがあったらな・・なんてゴロゴロしながら空想してます・・。

この頃はまだ右耳が欠けてません

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー

猫たちのトイレ問題いろいろ

野良の子猫たち2匹(サバトラ♂とキジトラ♀)は大きくなってきて行動範囲が広がったためか、日中、姿が見えないことが多くなりました。それとも、たまにウチにやって来るご近所の猫から身をかくしているのかな?行動が気になります。

ウチには2匹の猫がいます。茶トラ(♀)7歳と黒白のはち割れ(♀)10歳です。
黒白はち割れは、どうしてもトイレが覚えられませんでした。たびたび布団や洗濯物の上など、あちこちに粗相しました・・。(小です。大は外でします)ふかふかの上にしたくなるようですが、一度は私の仕事用バックの口が開いていたら、その中に入りしました・・。なので、うかつにその辺にものを置いておけませんでした。
そして周囲に物がなくなり、トイレにするかと思いきや、老母の座椅子に・・。座椅子を新調。最終的にそこが黒白はち割れのトイレになりました。老母は怒りますが、場所が決まっているなら安心です。座椅子にはペットシーツを敷いてあります。

茶トラは、ちゃんとトイレで排泄します。しかし・・大をしても砂をかけません。というか、大をした後、砂をかけず、トイレのへりの四方を一生懸命にカリカリと掻きます。大はそのまま鎮座しております・・。
砂をかけてるつもりなのでしょうか・・。でもトイレでしてくれるのでよしです。

家の側に老母の畑があります。
使っているのは畑の一部だけです。そこを耕し苗を植えると、どこかの猫がそこを掘り返し排泄します。やっぱりフカフカしている土が気持ちいいんでしょうね。しかし猫って目が悪いのに、よくいい場所を見つけますね。感心します。

親子猫たちは、どこをトイレにしているのかな?ちょっと不明です。

ウチの猫と野良の親子猫たちは、お互いの存在を認識しあっています。適度に距離感を持って遠回しに見ていますね。仲良くなるのは難しくても、お互いの存在に慣れてくれればいいのですが・・。うまく共存できるようにしたいです。

はっけよ~い!!
(右下に背後霊のような黒白はち割れ)

読んで下さりありがとうございます。