カテゴリー
思い出

猫の首輪と悲しい思い出・・

昨日、出かけた帰りにホームセンターに寄り、ギンタに首輪を買いました。ギンタは、もうすぐ1歳になるサバトラのオス猫です。首輪はギンタのグレーの毛色に合うエナメル風の黒で、オレンジ味がある金の鈴がついたものです。ギンタの目の色はアンバー(琥珀色)で鈴の色と呼応している感じがいいなと思いました。もしかしたら首輪が合わず嫌がるかもしれないな・・と思ったのですが600円ほどだったのでお試しです。

家に帰ると早速、ギンタに首輪をつけました。直後は違和感を感じたようですが、それほど嫌がらず、すぐに馴染みました。よかったです。その内、きょうだい猫のムギにも似合う首輪があったら買おうかな、と思います。ムギはキジトラのメスです。

家には他に古株のシオ(黒白はち割れのメス11歳)とキナコ(茶トラのメス7歳)がいます。2匹とも首輪はしていません。以前、シオに首輪をしてみたのですが、違和感か取れなかったようで首をひっきりなしに後ろ足で掻いていました。そして首の毛が抜けて一部禿げてしまいました・・。シオに首輪は合いませんでした。キナコも合わなかったですね。

スポンサーリンク

実はシオには、オスのきょうだい猫がいました。茶トラでタイガといいました。10年以上前のある日、子猫のシオとタイガは家にやって来ました。ほぼ野良猫でした。(銀麦たちと同じパターンです・・)少しずつ馴染んでゆき2匹とも家の猫になりました。でもタイガは常にどこかで人に対してオドオド、ビクビクしているところがありました・・。どうも人に馴染めない猫でした・・。

ある時、茶トラのタイガに似合う首輪を見つけました。迷彩柄で金の鈴と迷子札が付いているものでした。タイガに首輪は合わないかも・・と思いつつ買ってみました。そして首輪をつけると・・人とは違い、タイガは首輪にはすぐに馴染みました。1歳くらいの時でした。よかった、とほくそ笑みました。迷子札には家の電話番号を記入しました。

そして1歳を過ぎたタイガを去勢手術するため、動物病院に連れて行くことにしました。予約当日、家を出る時間よりだいぶ早めに、タイガを直接キャリーバッグに入れました。(今だったら洗濯ネットに入れてからキャリーバッグに入れるのですが・・。)タイガは、キャリーバッグから出ようと暴れまくりました。私はキャリーバッグに入れれば大丈夫と思いくつろいでいました。しかし暴れ続けるタイガは、とうとうキャリーバッグの上部の蓋をこじ開けたのでした。タイガは勢いよく飛び出て、開いていた窓から一目散に外に逃げて行ってしまいました。呆然とする私・・。

それっきりタイガは帰って来ませんでした。怖い思いをして、人に対して大きな不信感を持ったのかもしれません・・。もともと人に馴染んでいませんでしたから・・。

迷子札に描かれた電話番号を誰かが見て、電話をくれるかもしれない・・。そんな期待を持ちつつ10年が過ぎてしまいました・・。

首輪をつけたギンタ
首輪が見えませんね・・
チュールを食べるギンタです

読んで下さりありがとうございます。

スポンサーリンク