カテゴリー
日々の出来事

サイトエラー発生と復旧するまで

昨日の午後、事情がありレンタルサーバーのFTPでフォルダーを1つ作成し、中にファイルを1つダウンロードしました。そうしたら、500エラーになりワードプレスのログイン画面にも入れなくなり顔面蒼白。とりあえず原因と思われるフォルダーとファイルを削除。しかし事態は変わらず・・。原因を探すのに検索しまくり。こういうエラーが発生すると溶けるように時間が過ぎていきます。そして、あっと言う間に夜。

でも、こういうサイトエラーにぶち当たっている時は不思議と目が冴えて眠くならないんですよね。そういえば昨日は昼寝もしませんでした。昼寝どころじゃなくなってましたね・・。

そして結局、対処が分からず、バックアップデータを復元してみることにしました。私はレンタルサーバー(ロリポップ)のバックアップオプション(月額300円)に入っているので、復元は簡単に出来る(はず)と思っていました。

夜11時10分頃に復元を開始。・・・が1時間半ほど経つと、3分の2くらいで止まってしまい一向に終了しません!

調べてみると復元する時には、wp-config.phpファイルの属性を400→600に変更し、さらに、install.phpファイルを削除しなければならなかったようです。早速、そのようにして再度、復元を開始。この時、夜中の2時・・。これで朝には復元が完了してるはず、と思い就寝。実際は目が冴えて眠れませんでしたが。

しかし朝、またしても復元ができていませんでした!なぜ?うーん・・。レンタルサーバーのバックアップオプションでは残しておきたいデータをロックできる機能があり、ふと、私もロックしてあるデータがあったのを思い出しました。ほかに対処する方法をおもいつかず、解除して復元してみました。すると因果関係は不明ですが、復元できました!しかしサイトはエラーのまま・・。

結局、レンタルサーバーに電話で問い合わせをしてみました。出たのは優しそうなお姉さん。窮状を説明。そして、お姉さんの指示通りにしたら、こんがらがった糸がスルスル解けるように短時間で解決したのでした!お姉さんには本当に感謝。

PCやネットの世界の詳しい仕組みは分かりませんが、今では大事なインフラです。専門知識のない私はネット関連でトラブルがあった時は、やはりうろたえてしまいますね。本当に迷子になったような心もとない気持ちになります。でも解決した時は気持ちが一気に浮上し一時的にハイになります。

そしてトラブルが発生すると色々調べるので少しばかり知識が増えますかね。とは言っても、もうトラブルはごめんです。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

施設見学と母猫の帰宅~一抹の不安

昨日の午前11時、求職活動の一環として介護施設の見学に行ってきました。まだ新しい施設で、それほど大きくはなく、施設の中を簡単にざあーっと案内してもらいました。ちょっと気になったのは居室を見せてもらった際、掛布団が起きたままの状態で乱れていたことでしょうか。私が以前、働いていた施設では利用者の方がベッドを離床したら、寝具を整えるのが当たり前だったので。わりと緩い感じのところなのかな、という印象。まあ、短い時間での見学なので本当のところは分かりませんが。

以前の職場は、時間に追われ余裕がなく、また必要以上に上司に神経を使わなければなりませんでした。悪口ばかり言う上司で、些細なことが気に障ると怒り、うんざりでした。今度、働く職場はもう少しゆったり働けて、穏やかな人が上司だったらいいな、と思っています。

施設見学の後、近くの小さな神社にお参りしました。誰もいなくて静かで落ち着いた気持ちになりました。

そして午後は母猫を動物病院に迎えに行きました。作戦決行、半分だけ下りた肩の荷去勢手術は無事に終わり、受け付けで母猫を渡されました。元気そうで安心しましたが、頂いた手術の報告書に”栄養不良による脂肪変性が皮下組織と腹腔にあります”と書かれていたのが気になりました。家に帰りネットで調べてみると、皮下や腹腔内の脂肪が変質してしまっているということのようです。
うーん・・。現状、どのような状態なのか分からず、一抹の不安があります。でも、もう動物病院に連れて行くことは出来ないので、とりあえず栄養総合食のご飯をあげて栄養を摂ってもらうつもりです。せっかく去勢手術をしたのだし、母猫には末長く元気に過ごして欲しいです。

手術の際に蚤の駆除薬(フロントライン)の投与もお願いしてありました。会計の時、残りの駆除薬を渡されたのですが、エコバッグもおまけに頂きました。毎年、フロントラインには何かおまけが付きますね。去年もエコバッグでビビッドな色合いの大小のサークル柄でした。今年は、パステル調の幾何学模様でした。涼やかで夏らしい感じです。

母猫は家に帰りキャリーバッグから出すと、何事もなかったかのように庭を少し歩いてからゴロッとしました。

おまけのエコバッグ

読んで下さりありがとうございます。


カテゴリー

作戦決行、半分だけ下りた肩の荷

猫を飼っている家では障子を破られたり柱を爪でバリバリやられたりすることは、よくあると思います。私の家でもそうですが、障子や柱の他に襖もバリバリする猫がいます。バリバリする襖の部分は決まっていて、破られるたびに補修紙を貼っていました。

しかし、ある日とうとう襖のその部分に穴をあけられてしまいました。穴は猫が通り抜けられる大きさです。また、どうせ破られるのは分かっているのですが補修紙で穴をふさぐことにしました。しかし、ふと、閃いたことがあり襖の穴はそのままにすることにしたのでした。

家の屋根裏で産まれた4匹の子猫たちですが、少し前、穴のあいた襖の部屋に連れてきました。今、一番の悩み事 親子は離れ離れになり、母猫は子猫たちを探して外で鳴くようになりました。そうすると子猫たちは部屋にある掃き出し窓に集まります。私が窓を開けると母猫は子猫たちを見つけ部屋に入って来ました。
そして警戒心が強く触れることもできない野良の母猫ですが、ここには子猫たちがいるし美味しいご飯もあることを覚え、狙い通り、よくやって来て部屋で過ごすようになりました。母猫が外に出る時は、追い立てて襖の穴を通り隣の部屋を通って出るように誘導しました。事情により母猫にはこの襖の穴から外に出ることを覚えてもらいたかったのです。

実は密かに母猫を捕獲するための作戦を立てました。それは、部屋にいる母猫を襖の穴から出るように夫に追い立ててもらいます。私は襖の向こうで洗濯ネットを広げ穴に当てて待ちます。追い立てられた母猫が穴を通り抜け、そのまま洗濯ネットの中へダイブ!

今日の午前中、意を決して決行しました。さて、どうなったでしょう?結果は、成功!

最初、穴を通り抜けようとした母猫ですが、洗濯ネットが当てられているのに気づき、いつもと違うと思ったようで部屋に引き返してしまいました。しかし、もう一度、夫が追い立てると今度は逃げようとして穴に入り、スルッと洗濯ネットの中に入ったのでした!飛び出さないように急いで両手で洗濯ネットの口付近を握りました。そして夫が洗濯ネットのファスナーを閉めて捕獲完了。
私も夫も心底、安堵しました。(ちなみに捕獲する時は腕がすっぽり入る噛みつき防止用の手袋をしていました。また万が一、顔を引っ掻かれないように穴の正面に顔を近づけないように注意しました。)

母猫は大きな鋭い声で一声鳴きましたが、思っていたほど暴れませんでした。でも失禁してしまい、畳に尿がまき散らされてしまいました。そりゃそうですよね・・。いきなり洗濯ネットに詰め込まれるなんて、とんでもない恐怖ですよ・・。申し訳ないけどしょうがない。

動物病院に電話して、すぐに連れて行きました。先生には「避妊手術するには体力が少し心配ですが、しょうがないですね。」と言われました。今回を逃したら、もう捕獲のチャンスはないでしょう。もし何かあったら電話をするとのことでした。手術が無事に終わって初めて完全に肩の荷が下ります。まだ肩の荷が下りたのは半分だけです。

今日の午後は電話がきませんように・・と祈っていました。今は夜。無事に手術は終わったでしょうか。明日の午後に迎えに行きます。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

空の情景も一期一会

昨日の夜、夫から雲が出来ているところを見た話を聞きました。朝の通勤途中、車を走らせていると、工場の煙突2本から煙(水蒸気)が真っすぐ空に伸びていたそうです。(煙が真っすぐ伸びていたのは無風だったからですね。風があるとなびきますから。)そして真っすぐ伸びた煙の先には、ぽっかりと丸い雲が2つ浮かんでいたそうです。

「車を運転していて写真が撮れず残念だった」と夫は言いましたが、その光景を想像したら、まるで絵本のようだな、と思い微笑ましくなりました。

私も空をボーっと眺めていると時折、印象的な空の情景に出会ったりします。そして様々な感情が沸き上がってくることもあります。空と心が呼応するのです。空って不思議・・子どものように思ったりします。

最近も心に残った空の情景があります。庭で眺めた梅雨の晴れ間の青空。

数日前の夕方、空を見上げれば南から北へ飛んでいく一機の飛行機。西日に照らされ、機体の半分が輝いていました。なんだか旅心を誘われ、どこか遠くに行きたくなりました。

一昨日の昼下がり。雲をジーッと眺めていたら、何となく恐竜のティラノサウルスに見えてきました。青空を闊歩しています。

今朝の空。ついさっきまで曇っていたのに、いつの間にか青空が広がっていました。
ピヨピヨピヨ・・・ピーピーピー・・・ホーホケキョ・・・鳥たちの鳴き声が空に響いていました。そして時折、疾風のように空を横切っていく鳥の姿がありました。

刻一刻と変化する空の情景との出会いも一期一会ですね。奇跡のようにも感じます。

読んで下さりありがとうございます。

カテゴリー
日々の出来事

知らない道を行く不安と楽しみ

来週の月曜日、求職活動の一環として介護施設の見学に行きます。施設見学は2回目。昨日、念のため場所確認に行きました。私は、方向音痴で道を覚えるのが苦手なので知らない場所に行く時は事前に確認しておかないと不安になるのです。(方向音痴なのにカーナビなしです)

地図を見て、だいたいの場所は分かっていたのですが、分かりずらい場所です。普段、通ることのない細い道に入り、この道沿いにあるはずだと思い、車でゆっくり走ってみました。でも、それらしい建物は見当たりません。神社があったので、車をおいて歩いてみることにしました。

道沿いは、民家ばかりでやっぱり施設らしい建物はありません。看板もないし道が違ったかな・・と思っていたら、その施設の車が2台通って行ったのでした。やっぱり、この道沿いにあるのでは・・と思い往復して脇道も確認しましたが見当たりません。一体、施設の車はどこから、やって来たのだろう・・。狐につままれたような気分でした。

誰かに尋ねようにも人の姿はなし。薬局があったので聞いてみることにしました。すると、やっぱりちょっと道が違っていました・・。神社から、施設方面へ抜ける道があるとのことで、施設の車はその抜け道から来たようでした。

私は方向音痴ですが、知らない道を通るのは好きです。見知らぬ風景は新鮮で好奇心が湧いたりします。昨日、間違えて通った道沿いには、新しくてきれいな家が並んでいました。新興住宅地でしょうか。私の住んでいる地域は過疎地ですが、田畑だったところに家が建ち住宅地になっていたりします。いつのまにか変わっている風景。別に懐かしんだりはしませんが。

施設の場所も確認できたので、近くの海に行ってみました。平日でしたが、サーファーがけっこういたので、一人で砂浜をブラブラするのは気が引けて帰ることにしました。神社にお参りすればよかった、と思いましたが、月曜日、施設見学の後にゆっくりお参りすることにしました。

知らない道を行くと思わぬ出会いもあります。神社が好きなので、昨日は知らない神社に出会えたのが嬉しかったですね。

読んで下さりありがとうございます。